第35回東京国際映画祭の共催・提携企画である、第19回文化庁映画週間のシンポジウムが28日、東京ミッドタウン日比谷のBASE Qにて開催。今年のテーマは「恐怖映画の美しき世界」。12月13日(火)より国立映画アーカイブにて行われる展示企画「ポスターでみる映画史 Part4 恐怖映画の世界」と連動し、第1部は「アートワークで魅せる美しき恐怖映画」、第2部は「世界に伝播するジャパニーズホラーの美学」と題してトークが進められていく。

第1部に登壇したのは『ミッドサマー』(19)などのポスターを手掛けたアートディレクター・グラフィックデザイナーの大島依提亜と、『孤狼の血』(18)や「恐怖の村」シリーズのポスターを手掛けたアートディレクター・グラフィックデザイナーの葛西健一。

ルカ・グァダニーノ監督版の『サスペリア』(18)で初めてホラー映画のポスターを手掛けたという大島は、「オリジナルの『サスペリア』の日本版ポスターがレジェンド級にすばらしいものなので、そのお話をいただいた時に恐縮してしまい、割と最近までその仕事をしたことさえ怖くて言えませんでした」と明かし、同作や『ミッドサマー』などで実践したオルタナティブポスター制作に込めた思いを語る。

「海外では主流で、いつか日本でもやりたいと思っていました。SNSやインターネット上には様々なファンのレイヤーがあり、往年の映画ファンからほとんど映画を観ない人までいる。それをひとつのポスターで集約させるのは不可能なことです。色々なポスターがあれば、SNSなどで好きなポスターと一緒に感想を投稿してもらえたりレンジが広がります」。

一方で、普段ほとんど映画を観ないという葛西は「客観視して、普段映画館に行かない人間がどうやったら映画館に行くのだろうかと考えながらやっています。映画っぽく作らなきゃという意識はなく、どう作るかよりもなにを見せるか。どういうモチーフにしたらおもしろくなるかということを考えています」と、広告制作で培った手腕を映画ポスターにも活かしていることを明かす。

そんな葛西の代表作と呼べるのは、ぼんやりと浮かび上がる顔がSNSなどで話題を集めた『犬鳴村』(20)のポスターだ。「宣伝プロデューサーの方と話をしていくなかで3つのキーワードが出されました。ジャパニーズホラーであることと、怨恨や怨念、その土地に根付くタブーが土台にあること。そして若い世代、特に女子高生に興味を持ってほしいということ。なにかデザイン的なおもしろさを全面に押し出したビジュアルを作っていけば、SNSで拡散されて話題になるんじゃないかと思いました」とその制作秘話を告白。

かつては映画館や街中に掲示されるものだった映画ポスターは近年、ネット上で閲覧されることが当たり前になっている。それだけに「当然SNSを意識して作っています」と話す葛西は、「わかりやすすぎても出オチ感があるし、わかりづらすぎても誰にも気付かれずにスルーされてしまう。完成に行き着くまでに何10パターンも作り、10人が見たら3、4人が顔であると気付いてくれるようなさじ加減に落ち着きました」と振り返った。

第1部の終盤で2人は、展示企画「ポスターでみる映画史 Part4 恐怖映画の世界」のなかからお気に入りのホラー映画ポスターをいくつか紹介。ロマン・ポランスキー監督の『ローズマリーの赤ちゃん』(68)のポスターが一番好きだという大島は「ビジュアルの強さもタイトルの小ささも憧れです。怖いながら美しい完璧なポスター」だと惚れ惚れした様子。さらにホラー映画の王道である『エクソシスト』(72)から、アルフレッド・ヒッチコック監督の『鳥』(63)やジョナサン・デミ監督の『羊たちの沈黙』(91)のようなサスペンス映画、市川崑監督の『犬神家の一族』(76)のような日本映画のポスターについても語られていく。

そしてスティーヴン・スピルバーグ監督の『ジョーズ』(75)のポスターがスクリーンに投影されると、2人は声をそろえ手放しで絶賛。葛西は「解説不要です。この映画がどういうものかすべてがわかる」とそのデザイン性の高さを解説し、大島も「映画ポスターのマスターピース。このポスターには全然敵わないんだといつも思っています」と偉大な一枚へのこの上ない敬意を示した。

第2部の「世界に伝播するジャパニーズホラーの美学」では、『回路』(01)をはじめとしたJホラー作品を手掛けてきた黒沢清監督と、映画監督で立教大学現代心理学部映像身体学科教授の篠崎誠の2名が登壇。1990年代に一世を風靡したJホラーが誕生するまでの日本の恐怖映画の歴史が辿られていく。

「Jホラーは、『リング』の貞子のように得体の知れないものがぬっと出てくる。サメがガブっと人を食べるのとはだいぶ違う類の映画」と説明した黒沢監督は、このシンポジウムの前にトークショーを行なったという共催企画「長谷川和彦とディレクターズ・カンパニー」で上映の自作『地獄の警備員』(92)を引き合いに出し、「あれは厳密にいえばシリアルキラーの話ですから、いわゆるホラー映画とは違います。その辺りの区別は非常に曖昧で、難しいものです」。

そして2人は戦後の日本映画界で多く作られていた“怪談映画”が、欧米的な“ホラー映画”へと転換した時期として「1977年」という具体的な年号を提示する。「アメリカ映画の影響が見られ、ホラー映画への一歩が見られた作品」と黒沢監督が挙げたのは伊藤俊也監督の『犬神の悪霊』(77) 。また大林宣彦監督の『HOUSE ハウス』(77)や野村芳太郎監督の『八つ墓村』(77)、洋画でも『キャリー』(76)や『家』(76)、『オードリー・ローズ』(77)などが相次いでこの年に公開されたという。

そこから1980年代の黒沢監督の活動を辿りながら、Jホラーの原点となったといわれる『邪願霊』(88)や、鶴田法男監督が手掛けた「ほんとにあった怖い話」シリーズの話題に。「これを観た時はとても衝撃を受けました。その頃まで塩田明彦や万田邦敏、青山真治らで集まって雑談しながら、なにが襲ってきたら怖いのかという話をしていましたが、『ほんとにあった怖い話』の『霊のうごめく家』は襲ってこない。ジャック・クレイトンの『回転』を日本のアパートでやれるとはまったく考えてなかった。ここから怖い映画への考え方を変えなきゃと思いました」と黒沢監督は驚きを込めて振り返る。

そんななかトークに加わったのは、数多くのジャンル映画を紹介するスペインのサン・セバスティアン国際映画祭のディレクター・ジェネラルであるホセ=ルイス・レボルディノス。海外でのJホラーの受け入れられ方について「ブームを巻き起こしたのは、もちろん中田秀夫監督の『リング』でした」と説明し、「私はその前から塚本晋也監督にも注目していました。小林正樹監督の『怪談』や溝口健二監督の『雨月物語』もありましたが、いわゆる日本のホラー映画に最初に注目するきっかけになったのは『鉄男』でした」と日本映画への愛を語る。

「『呪怨』や『リング』の後、長い髪の幽霊や顔の白い子どもがたくさん出てくるようになりますが、いまだに怖いと感じてしまいます。そうしたあからさまなもの以外にも、日本映画や日本文学の影響を西洋でもみられるようになりました。いまスペインではたくさんホラー映画が撮られている。そのなかに明らかにJホラーの影響があります」と語るレボルディノスに、黒沢監督は「日本ではブームがあっという間に去ってしまったJホラーが、いまだに続いているのは感慨深いですね」としみじみ。

そしてこのシンポジウムの最大のテーマである“美”について黒沢監督は、「元々ヨーロッパの怪奇映画が好きだったこともあって、それを日本でどうやるのだろうかと試行錯誤して悩んでいた時に、憧れていた美しさを封印したJホラーが現れました。怖さと美しさは相反してしまう。ただどこかで一緒になれるかもしれないという望みは捨てていません。いつかそれを両立させたいということが夢でもあり、今後このジャンルの映画が目指すべき一つの目標です」と、Jホラーのさらなる進化に期待を寄せた。


取材・文/久保田 和馬