2022年10月から放送中のテレビアニメ「ぼっち・ざ・ろっく!」。「まんがタイムきららMAX」(芳文社)で連載されている同名マンがが原作で、人見知りの女子高生ギタリストが加入することになったバンドでの日常や成長を描いており、ひと味違った“音楽×青春アニメ”として注目を集めている。

■陰キャでぼっちの主人公が憧れだったバンド活動を始めるが…

主人公の“ぼっち”こと後藤ひとり(声:青山吉能)は、極度の人見知りな“陰キャ”で友だちのいない女子高生。中学時代、テレビに出演していたロックバンドのメンバーが「学生時代は友だちがいなかった」と話しているのを見て、「自分もバンドを組めば輝けるかも!」との動機からギターを弾き始めることに。その日から練習を毎日続けたおかげでギターの腕前はかなりのもの(「ギターヒーロー」名義でアップしている演奏動画も高評価)になるが、友だちがいないためにバンドを組むこともできず、文化祭のステージで演奏するという夢を叶えられないまま中学を卒業。高校入学後も引き続き孤独な学生生活を送っていた…。

そんな時、公園でうなだれていたぼっちは、他校の一学年上の先輩でドラム担当の伊地知虹夏(声:鈴代紗弓)に声をかけられる。ギターを持ったぼっちの姿を見て、自身のバンド「結束バンド」のギタリストとしてまもなく始まるライブに出演してほしいというのだ。元いたギタリストが逃亡してしまい、背に腹は代えられない虹夏からの熱心なスカウトを断り切れず、突然ライブハウスのステージに上がることに(ここで“ぼっち”のニックネームを命名される)。こうして、ぼっちのバンド活動がスタートし、虹夏の幼なじみでクールなベーシストの山田リョウ(声:水野朔)、あとから正式加入したギターボーカルの喜多郁代(声:長谷川育美)と共に、「結束バンド」を有名バンドにするための青春(?)がスタートする!

■コミュ障、自意識過剰、妄想癖…。ぼっちの“ぼっち思考”に共感

ぼっちは前述のとおり、人見知りで友だちのいない“ぼっち”キャラ。人の目を見て話せない、一人でカフェに入れない、なにか話そうとすると「あっ」とどもってしまう…。などなど、人見知り・コミュ障の自覚がある人には心当たりのありそうな要素が盛りだくさんのキャラクターだ。人に話しかけることはできない、でも友だちはほしい…。その結果の行動が、好きなバンドのCDを机に並べたり、バンドグッズをカバンに着けたりしてアピールするという回りくどい形で表れている。

また、ぼっちは基本的に自分のことを“ミジンコ並み”の存在価値だと思っており、バンドメンバーやライブハウスのスタッフなど、誰かに負担や迷惑をかけてしまったと感じると全力でお詫びしようとする極端な思考の持ち主でもある。その思考は斜め上な妄想力として発揮され、ライブ前の緊張を解きほぐすために、これまでに何度もイメージしてきた“文化祭ライブ→初ワンマン→武道館”のストーリーを妄想したり、学校のお昼休みにぼっち飯を食べている時には、いつか歌番組に出演した際に「学生時代は友だちいなくて〜」というギャップトークができる…!と、ある意味でポジティブ(?)なことも妄想したりする。一方で、虹夏や喜多からSNSを薦められると、“いいね!”を求めまくる、文字通りの“承認欲求モンスター”になって街を破壊する想像を膨らませ、パニック状態に陥ったりしている。

■ぼっちが踏み出す一歩に、胸が熱くなる瞬間も

自意識過剰で妄想力がたくましい、そんな陰キャのテンプレキャラであるぼっちだが、「結束バンド」に加わったことで、その日常はどんどん変わっていく。いつも話しかけてもらえるのを待っていただけの自分に舞い込んだバンドへの誘い。「こんな奇跡、二度と起こらない」と、恐怖を振り払ってライブ出演に挑む姿は、思わず応援したくなる。

虹夏の計らいで始めることになったライブハウスでのバイトも「風邪ひいて休むしかない」と氷水のお風呂に入るほど嫌がって(怖がって)いたのに、ライブハウスに訪れた人とのコミュニケーションやライブの空気に実際に触れることで、「自分もお客さんと一緒に楽しめるようなライブがしたい」と、小さいながらも一歩ずつ歩き出していく。

普通の人にとってはなんでもないことかもしれない。けれども、ぼっちが踏み出すその一歩は、彼女にとってとても大きく勇気のいることだ。重圧に押しつぶされながらもそんな一歩を積み重ねていくぼっちの姿には、コメディ作品として笑いながらも、どこか心が温かくなってしまう。

■実はスゴい実力が集まった「結束バンド」の成長にも期待!

そんなぼっちには与えられた武器がある。実は演奏能力が非常に高いことだ。中学時代から欠かさずにギターの練習を続けてきたぼっちの実力は確かなもの。メンバーとのコミュニケーションが重要なバンド演奏では雲隠れしてしまうものの(虹夏とリョウには演奏が下手だと思われている)、時折その片鱗を見せるシーンも。ギターボーカルを務める喜多の歌唱力も高く、高校生バンドとして非常に高いポテンシャルを感じさせるのが「結束バンド」なのだ。

ぼっちが界隈で知られた「ギターヒーロー」であることは、メンバーには知られていない。人と目を合わせられないために、バンドでは本来の実力を発揮できていない。しかし、ぼっちはスゴいギタリストなのだ。そんな目線で作品を楽しめるのは、私たち視聴者の特権かもしれない。

文/藤堂真衣