「愛したはずの夫は、まったくの別人でした――」。芥川賞作家・平野啓一郎の同名ベストセラー小説を映画化した『ある男』(公開中)で、窪田正孝は俳優があまり巡り合うことのない稀有な役柄に命を吹き込んでいる。なにしろ、彼が体現したのは事故で亡くなった後に、映画のキャッチにもなっている、冒頭に書いた衝撃の事実を暴かれる謎の男「X」。つまり、どこで生まれ、どんな生き方をしてきたのかまるで分らない、幽霊のような男にまんまとなりきっているのだ。

しかし、よくよく考えてみると、人は誰でもなにかを演じて生きているし、状況やシーン、対峙する相手によって佇まいや見せ方を変えたりする。なかでも俳優を生業にしている人たちは、映画やドラマ、舞台などの劇中では与えられた役を生き、必要ならば料理人やピアニストとしての腕も磨くし、ボクサーなどを演じる際には肉体改造も率先して行う。逆にその俳優自体の素顔を知る人は本人や家族以外は知らない場合がほとんどだから、映画やドラマで役を生きる俳優の仕事は、何かのために素性を隠し、「大祐」という男として生きる「X」の行為とそんなに変わらないことなのかもしれない。

窪田正孝はいまでは誰もが知る、若手の実力派俳優のひとりだ。2020年前期のNHK連続テレビ小説「エール」で作曲家の古関裕而を演じ、将来が有望な若手俳優に送られるエランドール賞新人賞を受賞。映画でも多彩な役に“その人にしか見えない”自然体で挑んでいる。

映画『ある男』の石川慶監督は「『ふがいない僕は空を見た』(12)の窪田さんの演技が強烈に頭に残っていて。狂気を孕んだ危うさみたいなものをやらせたら抜群だなあ」と公式インタビューで評しているが、確かにあの映画の彼は鬱屈した感情を抱えた主人公の高校生・卓巳(永山絢斗)の親友・良太そのものだった。

良太は男のもとへ走った母親の代わりに、団地で認知症の祖母の介護をしながら暮らし、コンビニや新聞配達のバイトでギリギリの生活をしのいでいる。それでいて他人の施しを受けるのを嫌い、どこかですべてを諦めている。窪田はそんなどこにもぶつけられない良太の怒りや悲しみの負の感情を、セリフではなく、表情や瞳の繊細な変化、肉体から滲み出る狂おしい空気などでリアルに体現。表向きはあるトラブルで窮地に追い込まれた卓巳を心配する態度を見せながら、裏では彼を貶める行為を嬉々とした表情で続ける良太の歪んだ感情を生々しく伝え、観る者の心を大きく揺さぶった。

この良太役へのアプローチにこそ、窪田正孝という俳優の天性のスキルを感じる。彼はキャラクターを必要以上に作り込まない。嘘の芝居をしない。“自分”とかけ離れていない、自分の理解の範疇を超えないフィールドの中で演じるキャラクターをとらえ、必要な肉づけを行っているような気がしてならないのだ。

だから、窪田が演じる数々の役はパブリックイメージの彼の印象を残しながらもどこか違った人物に見える。しかし、そこに流れる感情は彼や私たちの中にも流れる嘘偽りのないものだから、多くの人たちの共感を呼ぶのだろう。
■確かな演技力と類まれなる身体能力で役をまっとうする

『るろうに剣心』(12)で演じた清里明良は、婚約者・巴(有村架純)との祝言の前日に緋村剣心(佐藤健)に惨殺されてしまう。『るろうに剣心 最終章 The Final』『るろうに剣心 The Beginning』(21)でも同じ一連が回想シーンで登場するが、斬られても斬られても立ち上がる窪田の執念の芝居に、何としても生きて巴と結婚しなければいけない清里の切なすぎる想いが凝縮。剣心の十字剣の傷の1本を刻む、最後のギリギリの行為にも説得力をもたらしていた。

『64-ロクヨン-前編・後編』(16)で窪田が演じた日吉浩一郎も忘れられない。群馬県警の科捜研に所属していた日吉は、昭和64年に起きた少女誘拐事件=通称「ロクヨン」の犯人からかかってくる電話の録音を担当することになるが、機械の故障で録音に失敗。上司から罵倒され、退職してから14年間も自宅の部屋に引きこもってしまう。そんな彼の苦しい胸の内を、窪田はボロボロの容姿と淀んだ瞳で体現していたのが印象的だった。「ロクヨン」の捜査にあたった三上(佐藤浩市)から「君のせいじゃない」と書かれた手紙をもらい、嗚咽する窪田の芝居に涙した人も少なくないはずだ。

『東京喰種 トーキョーグール』(17)と『東京喰種 トーキョーグール【S】』(19)で演じた大学生カネキも、窪田正孝を語る上で外せないキャラクターだ。人を喰らう怪人“喰種(グール)”と生身の窪田は、かなりかけ離れているように思える。だが、ひょんなことから喰種のリゼ(蒼井優)の臓器を移植され、“半喰種”になってしまうカネキは表の顔と裏の顔を使い分ける人間を象徴するようなキャラクター。窪田はモンスターになってしまったそんな彼の苦悩と葛藤、危うさを荒々しい芝居で作り上げ、私たちが普段はあまり気にかけない食物連鎖のおかしな現実を観る者に突きつけてきた。1作目のクライマックスで見せる迫真のバトルと絶叫にも似た強烈なセリフで、カネキの覚悟と決意を印象づけていたのも記憶に新しい。

ここまでは役柄の内面を伝える窪田の芝居を振り返ってきたが、子供のころから野球やバスケットボール、ダンスなどで鍛え上げた、類まれなる身体能力を持つ彼は過激なアクションでも観る者を魅了してきた。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』(18)では主人公の坂田銀時(小栗旬)を狙う“人斬り万斉”こと河上万斉を怪演! 背中に三味線を背負い、ヘッドホンとサングラス、重いネックレスを身につけた動きを制限するいで立ちで、銀時とキレッキレのソードアクションを炸裂させていたが、窪田は撮影スケジュールの関係でこの畳みかけるアクションシーンからクランクインしたというから驚く。

さらに、三池崇史監督が自らのオリジナルシナリオを映画化した『初恋』(19)では、新宿歌舞伎町で出会った少女モニカ(小西桜子)を救うため、ヤクザと悪徳刑事(大森南朋)から追われる余命わずかのボクサー・葛城レオを全身で体現。本作はボクシングシーンはもちろん、全編がアクションの連続だったが、窪田はそんな過酷な撮影もまんまと乗り越え、その強靭な精神力と肉体で大人のファンタジーとも言えるこの作品を成立させる役目を忠実に果たしていた。

役になりきる。役に寄り添い、その人の人生を生きる。そんな自然なアプローチで、どちらかと言うと親しみが持てる人物を演じることが多い窪田正孝なのに、『ある男』で彼が演じた「X」からは何も読み取れない。子どもたちと遊んだり、食事をしているときにこぼれる笑顔から彼が優しい人間であることは伝わってくる。だが、彼がどんな過去を背負い、何を考え、安藤サクラが演じた谷口里枝の夫「大祐」としてなぜそこにいるのか分からない。本作はそんな謎の男「X」の心を探る数奇な旅のようなもの。それは、誰もやったことのない領域に踏み込んだ、窪田正孝の新たなる芝居を目撃するとても貴重な時間でもある。

文/イソガイマサト