映画、コミック、アニメ、ゲームなど、日米のさまざまなポップカルチャーを扱う大型イベント「東京コミコン」。2022年11月25日〜27日には、その最新回となる「東京コミコン2022」が幕張メッセで開催され、大勢のアメコミファンが来場。各種展示エリアやステージを楽しむ姿が見られた。本記事では、そんな「東京コミコン2022」を取材して見つけた、再現度の高いコスプレイヤーたちをクローズアップする!

アメコミ作品のコスプレといえば、細部まで作り込んだ衣装の造形はもちろん、それらを着こなすために身体そのものも鍛えている…という点も、レイヤー陣のこだわりが感じられるポイント。

今回の「東京コミコン2022」には、アイアンマンやスパイダーマン、キャプテン・アメリカ、バットマン、デッドプール、ブラックパンサーなど、さまざまな人気作品のキャラクターたちが勢ぞろい。

なかには「あえて少し大きめのサイズで衣装を制作して、“それを格好よく着ること”を目標に身体づくりに励み、仕上げてきました」という参加者もいて、多彩なポーズで取材撮影に応じてくれた。

もちろんこれら以外にも、日本のアニメ作品のコスプレで参加していたレイヤーも多く、「チェンソーマン」や「うる星やつら」「SPY×FAMILY」「僕のヒーローアカデミア」などのキャラクターたちが続々と集結。

「バイオザード ヴィレッジ」や「ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン」など、アニメ以外の作品のコスプレ人気も高く、作品の枠を超え、異なるタイトルのキャラ同士でツーショットや集合写真の撮影を楽しむグループの姿も見られた。

なお、同イベントのグランドフィナーレでは、「東京コミコン2022」に続き、2023年5月5日〜5月7日に「大阪コミコン2023」が開催されることも発表され、大盛り上がりに。少し先の話になるが、こちらも大勢のアメコミファンやコスプレイヤーが駆けつけ、賑わうことが予想される。

ちなみに、コスプレが楽しめる大型イベントとしては、年末に「コミックマーケット101」(12月30日・31日、東京ビッグサイトにて開催)が控えている。こちらの開催時は、どのような作品のコスプレに人気が集中するのか?

そうした点にも注意しながら、最新のアニメやコミック、ゲーム、アメコミ作品などをチェックしておき、会場で答え合わせをするのもおもしろそうだ。

取材・文/ソムタム田井