現在公開中の『ザ・メニュー』のマーク・マイロッド監督は、現在シーズン3まで配信中の「メディア王」「ゲーム・オブ・スローンズ」(ともにHBO/U-NEXT)の演出で名を馳せたが、サーシャ・バロン・コーエン主演の映画『アリ・G』(02)や『ビッグホワイト』(05、日本未公開)、『運命の元カレ』(11)などのコメディ作品の監督を務めてきた。MOVIE WALKER PRESSは、現在「メディア王」シーズン4の撮影でイギリスに滞在しているマイロッド監督と独占ヴァーチャルインタビューを行い、密室劇のサイコスリラー演出のこだわりから、印象に残ったレストランなどの話を聞いた。

■「限られた空間の中で緊張感を生みだすために、『ミザリー』や『パラサイト 半地下の家族』などからヒントを得ました」

――『運命の元カレ』以来、おもにドラマシリーズの監督をされていましたが、『ザ・メニュー』で久々に映画監督を務め、この10年間で映画業界に訪れた変化は感じられましたか?

マーク・マイロッド「まず、僕の個人的な見解から言うと、いまのテレビシリーズ製作は目指すところやナラティブのトーンが複雑化し、より野心的になっていると感じます。『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』(99〜07)は約20年前の作品だし、それ以前にもすばらしいシリーズは存在していたので、少し“そもそも論”のような物言いになってしまいますが。しかし、『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』(Prime Video)を頂点に、現在のテレビシリーズは拡大化し、さらなる未来を探求する意欲が感じられます。テレビシリーズに対する欲求が肥大する一方で、映画は二極化が進んでいるのではないでしょうか。今日、その中間にあったような映画を見つけるのが難しくなっていますよね。そういった作品はテレビシリーズに移行していってしまったのだと思うのですが。

僕のテレビシリーズでの経験は、一緒に仕事をする機会に恵まれてきた脚本家たちによるものが大きく、それが僕の利点にもなっています。そして幸いなことに、中間に位置する映画が欠けているからこそ、十分に映画的な表現ができれば『ザ・メニュー』が入り込む場所があると考えました。人々が映画館に足を運び、この映画を鑑賞する素敵な体験をしていただけたら光栄です」

――確かに「ゲーム・オブ・スローンズ」などは映画以上に広大な物語でしたが、『ザ・メニュー』は「メディア王」よりも狭い人間関係による密室劇です。どんな映画的表現を持ち込まれたのでしょうか。

マイロッド「その2本のドラマシリーズについて、僕は本当に誇りに思っているので、ドラマが好きだった方々にも楽しんでもらえるといいのだけど。『ザ・メニュー』では、一つの空間を舞台にすることが映画的な表現になると考えました。『ミザリー』やポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』から多くのヒントを得て、限られた空間の中で緊張感やパワーバランスを生みだすために、空間を武器にする方法について学びました」

――映画の中で、レストランを訪れた客に対しシェフ・スローヴィクが料理の提供方法をコントロールするように、演劇も一度会場に入った観客は、演出家の思うままにコントロールされる運命にあります。この映画では、映画館で座席についた観客をどのようにコントロールしようと思われましたか?

マイロッド「どうやって演出で観客をコントロールするか…。そうですね、撮影方法から演技のトーン、編集のテンポまで、映画を構成するすべての方法を自分のペースで動かしたいと考えました。コリン・ステットソンと共に音楽を構成し、ミシュランで星を取っているスターシェフのドミニク・クレンにメニューをデザインしてもらいました。シェフ・スローヴィクがレストランの客をもてなすように、今宵の体験を完璧に築き上げようと思いました。監督として、『もしもスローヴィクがこの映画を演出するとしたら?』と考え、彼とチャネリングしていたとも言えます。

それによって“食テロ”という言葉に代表されるように、SNS上の料理写真を偏愛する人々のことや、厨房の労働倫理や秩序の重要性などを学びました。スローヴィクは、あのオペラのようなエンディングに向けて料理配膳のペースを計算し、客をのせていきます。それは僕が物語のペースを計算し、エンディングまで観客をのせていくのと同じことでした。トロント国際映画祭でこの映画をプレミア上映した際に、初めて大勢の観客と一緒に映画を観ることができて、観客が映画にのって反応してくれているのを見て大きな幸福感に包まれました。映画がこの世に存在していることに、ただただ幸せを感じました」
■「レイフ・ファインズは第一印象から完璧でした」

――その観客掌握術には、完璧なキャスティングも含まれていますよね。このすばらしいアンサンブルキャストについて聞かせてください。

マイロッド「このすばらしいチームを構成するのは、夢のようなプロセスでした。まず、シェフ・スローヴィク役のレイフ・ファインズは、僕らの第一候補でした。パンデミック中で別々の国にいたので最初の出会いはZoomでしたが、第一印象から完璧でした。僕らが思い描いていたスローヴィクは、映画の中にだけ存在する怪物ではありません。スローヴィクは、自分の進むべき道を見失い苦悩し、自分が選んだ道とエゴによって自己嫌悪に陥り、世界全体を吹き飛ばす以外に選択肢がないという極論に行き着いた芸術家です。『シンドラーのリスト』から『グランド・ブダペスト・ホテル』まで、彼の幅広い仕事を見ればわかるように、レイフ・ファインズの俳優としての魅力は、暗黒面や痛々しさをすべて表現しながらも、どこかおもしろいということです。そのような幅を持った俳優はなかなかいません。

そして、そのレイフと互角に渡り合えるような若い俳優を探していました。僕は、世界中の人々と同じように、アニャ・テイラー=ジョイの大ファンでした。彼女に脚本を送り電話で話すと、すぐに彼女と我々のマーゴ役に関する解釈に相違がないことがわかりました。恐れとシニカルな視点の表面下に、理想主義が潜んでいるような役です。そして、アニャの役は、食通ではない我々一般市民の視点を代表する窓となります。水揚げされたばかりの魚のような招かれざる客が、この奇妙な世界がなんであるかを知る存在です。

そしてもちろん、マーゴとエルサの対立と葛藤、そして繋がりが物語の核になります。ホン・チャウが給仕長役を見事に演じてくれたおかげで、敵対する強い存在感が出せました。そうやってテーブルを一つ一つ完成させるように、アンサンブルキャストを揃えました。そして、ロバート・アルトマン監督の撮影現場のように、すべてのキャストにマイクを装着し、全員が常にセットにいる環境を作りました。時系列に沿って撮影を行い、俳優が思わずもらした言葉などを拾う、即興的な要素を取り入れました。そうすることで、テイクが常に新鮮で、二度と同じテイクを重ねる必要もありませんでした。毎日、一日中撮影現場に一緒にいて映画全体のトーンを築き、緊張感を高めていきました。文字通り全員が一致団結し映画を作り上げたと言えるでしょう」
■「『ゲーム・オブ・スローンズ』を撮影していたスペイン北部の街で行ったレストランが、世界で一番気に入っています」
――料理部分の撮影には、『二郎は鮨の夢を見る』(11)のデイヴィッド・ゲルプ監督が参加していて、彼が手掛けた「シェフのテーブル」(Netflix)がニコラス・ホルト演じるタイラーのジョークにもなっていました。15分で3万円のコースを提供する寿司職人も、ある意味スローウィグぽいコントロールフリークと言えるかもしれません。

マイロッド「はははは、確かに(笑)。実は、僕自身はまったく食通ではなく、美食の世界を探求したわけでもありません。でも僕のモットーは、どんなものに関しても“極上”を手に入れることなんですよ。ホラー表現で緊張感を高めることのできる絶対的な達人であるピーター・デミングを撮影監督として起用したのもそのためです。

この映画の料理コンサルタントのドミニク・クレンに脚本を送りやりとりを続けるなかで、僕が求めている料理の撮影方法は、デヴィッド・ゲルプが作ったドキュメンタリー作品や、特に『シェフのテーブル』で彼が料理の撮影方法に革命を起こしたところから影響を受けていることがはっきりとわかりました。常に最高を求める僕は当然の如くデイヴィッドに電話し、『手伝ってくれないか』と言いました。デイヴィッドは喜んで参加してくれて、すばらしい料理シーンを撮ってくれました。将来、また彼とコラボレートする機会があればいいなと思います」

――なるほど。食通ではないと仰っていますが、いままで行ったなかで最も印象に残るレストランについて教えていただけますか?

マイロッド「『ゲーム・オブ・スローンズ』を撮影していたスペイン北部の街で行ったレストランが、世界で一番気に入っています。ピカソが住んでいたと言われる小さな村の港にあるレストランでした。テーブルとプラスチックの椅子が置いてあって、漁師たちがその日に獲ったものを調理してテーブルに運んでくれる。そこに『ゲーム・オブ・スローンズ』のキャストと一緒に行きました。プラスチックのグラスでワインを飲み、海から直送されたムール貝を食べました。いままで食べたなかで一番おいしい食事でした。共にテーブルを囲んだ仲間も最高でした。しかし、その美しい経験は、絶対的なシンプルさにあったのでしょう。だから、僕もマーゴのように、高貴な料理の世界を訪れても、よくわからない外国語のように聞こえてしまう。使えない言語の世界に行っても、なす術もありませんから」

取材・文/平井伊都子