ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー監督が手掛けたニュー・ジャーマン・シネマの傑作『ペトラ・フォン・カントの苦い涙』(72)を、フランソワ・オゾン監督が再創造した『苦い涙』(6月2日公開)。このたび本作の日本版予告映像と場面写真、ポスタービジュアルが一挙に解禁。あわせてポスタービジュアルを手掛けたグラフィックデザイナーの大島依提亜からコメントが到着した。

第72回ベルリン国際映画祭のオープニングを飾った本作は、1970年代ドイツのアパルトマンを舞台に、著名な映画監督と美しい青年のパワーゲームが展開する濃密でエモーショナルなメロドラマ。オゾン監督と初タッグとなる名優イザベル・アジャーニを筆頭に、フランスの実力派俳優ドゥニ・メノーシェや新鋭ハリル・ガルビア、セザール賞の有望若手新人賞にノミネートされたステファン・クレポン。そしてファスビンダー作品のミューズでオリジナルにも出演したハンナ・シグラといった豪華キャストが共演。

このたび解禁された予告映像では、ウォーカー・ブラザーズの「孤独の太陽」の印象的なイントロとともに、魅力的な青年とスター女優、映画監督、助手といった登場人物たちが紹介され、エゴイスティックな愛に翻弄される映画監督と美しい青年のパワーゲームを軸にした人間模様が展開していく。ヴィヴィッドなカラーと室内インテリアや装飾へのこだわり、そしてカメラ目線で熱い視線を送る絵画のように美しい青年の姿と、オゾン監督の美意識が炸裂した映像に仕上がっている。

またあわせて解禁されたポスタービジュアルは、ゴールドを基調にキャスト陣が勢揃いしたデザインに。そしてそこに浮かぶのは、劇中でアジャーニ演じる女優のシドニーが歌うオスカー・ワイルドの詩をもとにした歌から引用した「人は愛するものを殺す(でも誰も死なない)」という意味深なキャッチコピー。はたして正気を失うほどの恋をした映画監督に、どんな結末が待ち受けているのか。是非とも劇場で目撃してほしい。

■<コメント>

●大島依提亜(グラフィックデザイナー)

「実はフランソワ・オゾン作品の日本版デザインを担当するのもかれこれ5作目。最初に担当した初期の傑作『焼け石に水』と同じく、今回の『苦い涙』はファスビンダーの戯曲が原案と、さらに縁を感じますが、おしゃれで(珠玉の70sインテリアや衣装の数々に悶絶!)妙に可笑しい作風も、どこか『焼け石に水』と共通して、一見すると原点回帰とも言えます。しかし!これまでの監督としての経験とキャリアだからこそのオゾンの成熟ぶりは──技術やテーマ性、すべてにおいて──目を見張るばかりで、その辺も存分に堪能いただけるかと思います」

文/久保田 和馬