ディズニー&ピクサー最新作『マイ・エレメント』(8月4日公開)と同時上映される短編映画『カールじいさんのデート』。それを記念し、金曜ロードショーで『カールじいさんの空飛ぶ家』(09)が8月4日(金)に本編ノーカット放送されることが決定した。

本作は、『トイ・ストーリー』のピクサー・アニメーション・スタジオが製作、『モンスターズ・インク』を手がけたピート・ドクターが監督。2010年の米アカデミー賞では長編アニメーション賞、オリジナル作曲賞に輝いた。また同時にアニメーションとしては、1991年の『美女と野獣』以来、史上2度目となる作品賞にもノミネートをはたした傑作だ。

カールじいさん(声:飯塚昭三)は、妻に先立たれ、想い出が詰まった家で一人暮らし。2人は幼なじみのころから、冒険家チャールズ・マンツに憧れ、南米の“パラダイスの滝”に行こうと約束していた。ある日、カールじいさんは、亡き妻との約束をはたそうと、住み慣れた家に無数の風船を結びつけ、滝を目指して空飛ぶ大冒険の旅に出る。

本作の見どころは、なんといっても冒頭で描かれるカールじいさんの半生。冒険家に憧れる子ども時代、幼なじみのエリー(声:松元環季)との出会いから、2人の憧れの滝に行く約束をし、結婚して、家を建て、仲睦まじく暮らし、最後はエリーが、息を引き取るまで。カールじいさんとエリーの想い出と幸せが、この家にギュッと詰まっていることが分かる、魅力的なシーンとなっている。

『マイ・エレメント』と同時上映される『カールじいさんのデート』は、カールじいさんの”集大成”が描かれる。はたしてデートは上手くいくのか?カールじいさんのアドベンチャーに注目だ。

文/サンクレイオ翼