ビヨンセとジェイ・Zが、生まれたばかりの双子の面倒を見るために、専属スタッフを18人雇ったとナショナル・エンクワイアラー誌に関係者が明かしている。

「スタッフは、警備員たち、ベビーシッター6人、メイド2人、赤ん坊に何かあった時のために、24時間態勢でついている看護師のチーム、すでにファイナンシャルアドバイザーまでいます」と関係者は証言。「赤ん坊たちが将来使えるよう、ソーシャルメディアのIDやタグを取得する商標のエキスパートも雇っています」と語っている。

またジェイ・Zは、赤ん坊たちの安全を確保するため、双子が使用する車両を防弾仕様にしているそうで、どんな危険な状況からも守れるように念を入れているという。「ビヨンセのスタッフの数は急に増えましたが、幸運なことに彼らはそれができる資産を持っています」と関係者は話している。【UK在住/MIKAKO】