手塚治虫の名作漫画「火の鳥」全12編より、地球と宇宙の未来を描いた「望郷編」をアニメ映画化した『火の鳥 エデンの花』(公開中)。『海獣の子供』(19)などのSTUDIO4℃が、7年の製作期間をかけて壮大なスケールの映画を完成させた。本作で描かれるのは、地球から遠く離れた辺境の惑星エデン17に降り立った主人公ロミの人生、そして愛と冒険の物語。1300年の時空を超え、数奇な運命を辿るロミを演じた宮沢りえが、いま本作が初アニメ化された意味に触れつつ、その楽しみ方を語ってくれた。

■「視覚的にとても美しいもののなかに普遍的な大事なメッセージが込められています」

「子どものころは、はつらつとした『鉄腕アトム』に魅了されたり、『リボンの騎士』のイラストがついた自転車に乗ったりという楽しみ方。確か家にはアトムのアートも飾っていた記憶もあって。漫画としてストーリーがあるものとしても偉大ですが、アートとしても世界にとても偉大な影響を与えているし、私自身、その影響を受けていると感じています」と手塚治虫が身近にあったという自身の子ども時代を振り返る宮沢。アニメーション制作を手掛けたSTUDIO4℃は、これまでアートな映像作品を世に送り出してきたこともあり、宮沢も言う“アートとして世界に影響を与えた手塚作品”の映像化にぴったりのスタジオといえる。「視覚的にとても美しいもののなかに普遍的な大事なメッセージが込められています。こういう作品は、いま作られる意味がとてもあると思います。美しい映像で世界観を楽しみ、どんなメッセージを受け止めるのか。それぞれが受け止めたメッセージを共有しあって生まれてくるものを大切にできる映画だし、私自身もそれを大切にしたい、信じたいと思っています」。

宮沢演じるロミは、恋人のジョージと共に地球を離れ、辺境の惑星エデン17で息子のカインと暮らしていたキャラクター。カインの未来のために、彼が大人になるまでコールドスリープに入ることを決意するも、機械の故障により1300年も眠り続けてしまう。ようやく目覚めたロミは、新人類が築いた巨大な町エデン17で女王になるという数奇な運命を辿る。「とにかく冒険のスケールが大きいし、感情的にもだいぶ飛躍するところがあるので、リアリティを追求するのはなかなか難しいことでした。地球を捨てて恋人と一緒にほかの惑星に行く。まずそこに、『行くんだ…』みたいな気持ちになって(笑)。さらに子どもを産み、育て、そして子どもの未来を思って自分の肉体を眠らせる。そして1300年後に目覚める。想像を超えて飛躍していくなかに、自分なりのリアリティやロミが抱いている感情をその都度、大事に考えるようにしていました」とロミへのアプローチを明かす。

■「次の世代に残そうというメッセージが込められていると改めて感じました」

アフレコについては「自分自身から湧き出てくるものを表現するのとは違って、映像に言葉を合わせていくという作業は本当に難しかったです。声優の方たちのすごさを改めて実感する毎日でしたが、自分なりに壁にぶつかりながらも、私を(ロミ役に)選んでくださった意味はなんだろうということを考えて、挑戦を重ねていきました。アクションも結構あったので、ブースの中でいろいろと動いてみたりとか…」とスタジオでの様子を身振り手振りで再現しながら「たとえば、長い長い穴のなかに落ちていくのって、座ったり立ったりするだけではなかなかできなくて。実際に動かないと出ない声があるので、かなり肉体を動かしながらやっていました。声優の方たちはこれを声だけで上手にやられるんだろうなとか思いながら…」と苦笑いしながらも、充実感を漂わせていた。

収録は、先にアフレコをしていたジョージ役の窪塚洋介、コム役の吉田帆乃華の声を聴きながらの作業だったという。「スタジオにはマイクが1本だけ。私以外は誰もいないとても孤独な世界で、相手役の声が聴こえてくると、そのシーンでのテンションを知ることができてすごくやりやすかったです。窪塚さんとは声を通して実際にお芝居をしているような感覚になり、感情移入がしやすかった。窪塚さんのお芝居に引っ張ってもらったおかげで、ジョージという人を愛して2人きりで宇宙に行くという行動にリアリティを出すことができました。吉田さんの気負ってなくてピュアな声には自然と愛おしさが湧きました。リアルとはどういうものなのかと自分が悩んだりしていた時に、ストレートで無垢な感情がポンと弾むような音として聴こえてくると、悩みから抜け出せるようなこともあってすごく救われました」と共演者の芝居の印象を語る。

また、イッセー尾形が演じたズダーバンから作品に込められたメッセージも強く感じたそう。「イッセーさんはとても尊敬していて大好きな方。いろいろなメッセージが込められたキャラクターにすばらしいエッセンスを加えていらして、自分も頑張らなければという気持ちになりました」とニッコリ。ズダーバンによって人間の欲や争いの始まりが描かれていくことについて、「欲というものに人間が溺れていった時に、1人ずつの争いが起き、負の連鎖を起こして大きな戦いとなり、星を滅ぼすほどのところまで辿り着いてしまう。戦争を経験した手塚さん自身の経験から、次の世代に残そうというメッセージが込められていると改めて感じました。今回改めて作品を読み返すなかで、漠然と戦争をやめるとか、環境破壊をなくすとか大きなメッセージを伝えるのではなく、生きることの尊さを子どもたちに感じ取ってもらうために大人たちはどうしたらいいのだろう、そんなメッセージが込められていると私自身は受け取りました」。

■「この作品は未来を担う人と一緒に観たい」

本作は、劇場版とディズニープラスで配信中の配信版で2つのエンディングがあり、観た人それぞれが様々な受け止め方ができる作品となっている。「この作品は未来を担う人と一緒に観たいと強く感じました。私の場合は娘と一緒に観て、彼女がなにをどう感じているのかを知りたいし、繰り返されていく人間の愚かさが未来を作っていく、その繰り返される切なさのようなものを受け取って、考えてほしいと思っています。私はロミを演じたけれど、彼女の気持ちにはいまだに分からない部分もあります。演じた時とできあがった映像を観た時の印象も違っていて、確かなものがまだないんです。

ただ、ロミの決断、その生命力は本当にすごいものだと思っています。自分がロミの立場だったらとリアルには考えられないけれど、飛躍している物語をギュッと凝縮していった時に、とても日常的なものという感じがして。進化によって失われていくものと得るものがきっとこれからもたくさんあるんだろうなと思いました。進化によっても変えられない美しいものはずっと続いてほしいと私個人としては願っています」と自身が受け止めたメッセージを丁寧に説明する。

1000年後の未来は想像できないが、自分の娘がいて、その娘に子どもがいて…という近い未来までは想像がつくと話した宮沢は「生きるということを尊く感じてほしいと思うし、いろいろなものが進化したなかでも、進化によって失われていくものをちゃんと忘れないでほしいです」と母親としての思いも吐露。「作品に込められたメッセージはあまりにもありすぎて一つにまとめるのは難しいけれど、できあがった映像を観たいまの私は、人間として生まれた時に受け取った感情、人を愛するということ、慈しむこと、そして欲を重ねていくとどんなことになっていくのかを感じて、考えてほしいと思っています」。

本作では、火の鳥のビジュアルも圧倒的なインパクトを残している。「子どものころには想像のなかの生き物という漠然としたイメージだったけれど、本作で観た言葉を発さない火の鳥は、手塚さんの信念に羽が生えているように感じられて。火の鳥が舞うシーンは、普遍的なメッセージを発信し続けようとした人間として、漫画家として、アーティストとしての信念のようなものが伝わってきて、一番涙が出そうになったところです。未来に希望を見出すことを諦めないと考えることが難しくなっているように感じるいまだからこそ、この物語を作ろうと思った手塚さんが、空から私たちを見ながらメッセージを送っている、その象徴としての存在のように感じました」と、子どものころと大人になったいまで“火の鳥”という存在の受け止め方が変化したという。

■「スマホに触れず家族で過ごす時間も大切にしています」

そして、いまの宮沢が思い描く未来とは――。「先日、野田秀樹さんの舞台を観に行きまして、AIを題材にした舞台だったのですが、たとえば私たち役者でいえば、生身の人間として感情を揺さぶらせて言葉を発すること、体現することもAIが担うような世の中になっていくかもしれない…というお話でした。生身の良さがどんどん失われていき、精度の高いものなどに奪われていってしまうような感覚は私のなかにもあって。表現の仕事もそうですし、職人さんのような仕事もデジタルに飲み込まれていってしまうことに怖さを感じています。自分が子どもの時とは明らかに進化したいまがあります。この2、30年でこれだけ進化したということは、次の2、30年はどうなってしまうんだろう。私は、楽しみより怖さのほうが強い」と、テクノロジーの進化への不安を素直に吐露する。

続けて、「もちろん私たちの先輩がそうであったように、私たち自身も歴史になっていくのだけど、例えばいま、14歳の娘の手元にスマホを通じて世界中からあらゆる情報が飛び込んでくることに怖さを感じています。それは50歳になった私も同じで。便利だからなにかを調べようとするときには、ついスマホを見てしまう。娯楽的なものも含めて気がつくとスマホに時間を費やしてしまっている事実に『怖い』と思ってしまいます。人の欲を引っ張っていってくれるようになっている状況に怖いなって。ついさっき調べたことがすぐに広告として入ってきたりすると、『私の行動が見られている』って思ったりします(笑)」と戸惑いを明かしつつも、大切にしていることを教えてくれた。

「だからこそ、スマホに触れず家族で過ごす時間も大切にしています。まだ娘も一緒に家族旅行をしてくれる年齢なので、いまのうちにという気持ちでデジタルデトックスの瞬間を作るようにしています。なにかに頼らずに遊ぶこともやっています。堅苦しい感じではなく、アイデアを生み出すことをやってみようという感じで。アイデアを生み出す筋力が衰えていくのはやっぱり怖いです。アイデアが生まれない人になってほしくないから、この作品を一緒に観てなにを感じて、考えているのかを知りたくて。どんな反応をするのか、いまからすごく楽しみです」。

取材・文/タナカシノブ