映画『火の鳥 エデンの花』(公開中)の初日舞台挨拶が11月3日、新宿バルト9にて行われ、声優を務めた宮沢りえ、窪塚洋介、イッセー尾形、吉田帆乃華が上映後のステージに登場した。

漫画の神様、手塚治虫の「火の鳥」望郷編をSTUDIO4℃が新作アニメーションとして映像化。エン配信版『火の鳥 エデンの宙』は、現在ディズニープラスで独占配信中だ。製作期間7年をかけて完成した本作は、地球から遠く離れた辺境の惑星エデン17に降り立った宮沢演じる主人公ロミの人生を描く、壮大な愛と冒険の物語を描いている。ロミの恋人ジョージの声を窪塚が、怪しげな宇宙のよろず屋ズダーバンをイッセー尾形が、ロミが出会う心優しい少年コムを吉田が担当している。

手塚治虫の誕生日に公開初日を迎えたことについて「偶然なのか、必然なのか」と話した宮沢は「作品に出てくる火の鳥が、手塚さんのように見えて。今日もどこからか初日(の様子)を見てくれているんじゃないかなって。すごくうれしいです」とにっこり。「あのへんかな?」と劇場の後方や天井に視線を向ける宮沢に、「あの辺りです!」と窪塚が指差し、手塚が見守るなかで特別な日を迎えている喜びを噛み締めていた。

1300年の時を生きることになった数奇な運命をたどるロミについて、「なにもない惑星に行って生活するエネルギーはすごいと思います。ゼロからスタートさせる生命力に溢れている女性だと思いました」と説明。窪塚はジョージについて「原作ではロケットを奪って、ロミを連れて果てまで行くんです。映画でも脇の甘さが目立つような気もして。あのような人生に(ロミを)巻き込んでしまって。無計画のようなところはちょっと自分と似ているかも」とニヤリ。無計画そうに見えても、それでもついていきたいという魅力がある、そう思わせてくれるジョージだったと宮沢が付け加えると「ありがとうございます。あとで録音するので、もう一度その言葉を言ってください!」と褒め言葉をおかわりし、会場の笑いを誘っていた。

ズダーバンの役作りについて質問されたイッセーは「周りの人たちが真っ直ぐに生きているからこそ、曲がって生きようかな。人間臭く、いかがわしく、小狡く、そんな声が出ればいいかなと思って演じました」と微笑んだ。「最初はドキドキしていました。ちゃんとできるかどうか分からなかったけれど、みんなが優しく教えてくれたのでよかったです」と初めてのアフレコを振り返った吉田。

出来上がった作品は「自分のところは観るのが恥ずかしくて。でも皆さんが上手なので、何回も観ています。自分が出ているところは目と耳を押さえて観ています」と恥ずかしそうに話すと、窪塚は「僕はジョージが死んだ後から観ています(笑)」と同じく自分のシーンが観られないと照れながら話し、観客を笑わせていた。

火の鳥の生き血を飲むと不老不死になることにちなみ、老いること、生きることに質問が及ぶと「私は飲みたくありません」とキッパリ答えたイッセー。「飲んだら副反応が起こりそうで怖い」とニヤリとし、「不老は欲しい。いま、ペットボトルが(手で)開けられなくて奥歯でかじって開けています」とその様子を再現し笑わせながらも、「それもしょうがないかな。老いることを受け入れるのも人間の力の一つ」とし、自身の羽織っているジャケットをパタパタさせ、「ここに火の鳥がいます。火の鳥と共に歩んで行こうと思います、よろぴく!」と呼びかけると、窪塚が「よろぴく、って言っている時点で若い!」と話し、宮沢も「もう(火の鳥の生き血を)飲んでいるかも」と指摘し、観客の笑いを誘っていた。

宮沢も「飲みたくない」と回答。「10代、20代の若さ溢れる、希望に満ちた時間も楽しかったけれど、挫折がありつつも乗り越えてきた50年という時間がいまの私に豊かさをもたらし、満たしてくれています。この宝物のような経験をなくしてしまうのはもったいないって思っています」と自身の歩んできた人生に満足といった表情を浮かべる。「イッセーさんのような素敵な先輩を見ていると、歳を重ねることがもっと楽しくなる気がしています!」という宮沢の言葉に、窪塚も共感といった様子でうなずいていた。

取材・文/タナカシノブ