フレアのミニスカートが駄目なら、お次は胸開きドレス?昨今のキャサリン妃のファッションの変化に注目が集まっているが、どうやらウィリアム王子の後押しがあったようだ。

これまで、ファッションアイコンでありながら、「コンサバでつまらない」「ダイアナ妃を超えることはできない」といった辛口批判もなんのそので、独自のファッション路線を貫いてきたキャサリン妃。

しかし、7月12日、しばしばファッションを比較されることの多いスペインのレティシア王妃を招いたバッキンガム宮殿での晩餐会で、キャサリン妃は、胸の谷間が見えるマルケッサのカスタムメイドドレスをチョイスした。

またその後のポーランド外遊の際、アンジェイ・ドゥダ首相とのガーデンパーティで選んだポーランド人デザイナーGosia Baczynskaによるカスタムメイドのオフホワイトドレスも、マルケッサのドレスほどではないものの、胸元が大きくあいており、一味違った大人の女性を演出した。

「これまで、冒険しないことで有名だったキャサリン妃が、プランジネックのドレスを選んだのは、まさに新たな出発を意味しています。今まで以上に自分のファッションに自信を持っている証拠と言えるでしょう」

「若いロイヤルファミリーの女性にとって、現代性と伝統のバランスをとるのはとても難しいことですが、最近のキャサリン妃は、時代遅れのファッションをすることはなくなってきています。より自分のパーソナリティを反映させられるツールとしてのファッション選びに成功していると思います」

「結果的に今回も、レティシア王妃の赤いオフショルダーのドレスにはかないませんでしたが、もともとキャサリン妃は主賓より注目を集めることは望んでいませんでした。しかし自分らしさは出したいと考えてウィリアム王子に相談したところ『僕はそのドレスが気にっている。エリザベス女王だろうと、誰の意見も気にすることはない。自分が好きなドレスを着ればいいよ』と言ってくれたそうです。晩餐会がリスクをとるのにふさわしい場かどうかは別として、キャサリン妃は見事に与えられたファションというミッションに答えたと思います」と関係者がスター誌に語っている。

度々ミニスカートがめくれるハプニングがあり、女王から禁止令が出たともいわれているが、ドレスはこのまま継続できるのか、今度のファッションから目が離せない。【NY在住/JUNKO】