2019年の第17回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた倉井眉介の同名小説を、三池崇史監督が映画化した『怪物の木こり』(公開中)。先の読めないハラハラドキドキする展開と手加減なしの殺戮描写で観る者を圧倒する本作で、殺人犯をも凌駕する最凶のサイコパスをクールに演じた亀梨和也が大きな話題を集めている。

そこで本コラムでは、これまでにも多彩なキャラに挑み、観客たちを驚かせてきた俳優としての亀梨をいま一度チェック!亀梨の新境地とも言える、最強のヴィランへのプロセスを追いかけたい。

■青春ドラマで、爽やかだが複雑な男子高校生を好演

亀梨は、2001年に「KAT-TUN」を結成する以前の1999年に、「3年B組金八先生 第5シリーズ」で俳優デビュー。2005年のドラマ「ごくせん」の第2シリーズで同じ生徒役の赤西仁とともに注目を集め、2009年に『ごくせん THE MOVIE』で映画初出演を飾った。

さらに、2005年に放送されたテレビドラマ「野ブタ。をプロデュース」では、内気な女子高生である信子(堀北真希)を、山下智久が演じた彬と一緒に学校の人気者へとプロデュースする修二を好演。学校内の人気者としての自分を偽りながら暮らしてきた修二が、ヤンキーに絡まれていたクラスメイトを助けなかったために孤立していく感じや、信子や彬との関係性の変化などによって抱える空虚な心を繊細に体現して、視聴者の共感を呼んだのも印象に残っている。

■難役に挑戦し、演技の幅をグッと広げる

そんな亀梨が、確かな演技力と表現の多彩なバリエーションを印象づけたのが2013年の単独初主演映画『俺俺』だ。本作は “オレオレ詐欺”をしたのをきっかけに主人公の青年、永野均と同じ容姿をしているのに性格が違う「俺」が増殖し、やがてお互いを削除するようになるという異色のサスペンス。荒唐無稽な設定を成立させなければいけなかったわけだが、亀梨はこの高度なミッションを難なくクリア。永野と「冷静な会社員の大樹」と「チャラい大学生のナオ」を軸に、「ミリタリーマニアの俺」「巨乳の俺」「全身タトゥーの俺」など全33パターンのキャラを、衣装やヘアメイクの違いだけではなく、物腰や喋り方などを柔軟に変えながら演じ分けて観る者を驚愕させた。

一方、戦前のカナダで活躍した日系移民の野球チームの実話を『舟を編む』(13)、『月』(23)、『愛にイナズマ』(23)などの石井裕也監督が映画化した2014年の『バンクーバーの朝日』では、小学6年生のときに軟式野球の世界大会に主に投手として出場したこともある亀梨の野球の実力が炸裂。エースピッチャーのロイ永西に扮した彼の豪快な投球フォーム、うねりを上げる本物の剛速球が映画に説得力をもたらし、その一方では、バントと盗塁だけで1点をとったキャプテン、レジー(妻夫木聡)の意図をただ一人読み取り、ニコリとする芝居でロイのズバ抜けた野球脳を表現。そこから、どこか孤独な彼がチームメイトとの絆を深めていくニュアンスも丁寧に紡ぎ上げ、観客の胸を熱くさせた。

■演技力だけでなく、高い身体能力で魅せる

こうして、高い身体能力と豊かな演技力で脚光を浴びるようになった亀梨。第30回吉川英治文学新人賞などに輝く柳広司の同名小説が原作の『ジョーカー・ゲーム』(15)では、本格的なスパイ・アクションに挑戦。第二次世界大戦前夜のアジア某国の国際都市を舞台に、陸軍内の諜報組織「D機関」の諜報員になった青年が、“嘉藤(かとう)”という偽名で米国大使が持つ秘密文書を奪取する初めての任務を遂行する姿を描いている。

『22年目の告白 ―私が殺人犯です―』(17)、『AI崩壊』(20)などの入江悠監督が国内3か所とインドネシア、バタム島の巨大なオープンセット、シンガポール市内などで行った大規模な撮影も話題になったが、白いスーツとハットの亀梨が市街地を駆け抜ける姿がとにかくシャープでカッコいい。何度も何度も早変わりをしながらの逃走劇、深田恭子が演じた謎の女リンとのキスシーンと肉弾戦、銃撃戦なども華麗をこなす天才スパイを完全に自分のものにしていた。

■宇宙人、怪奇現象と対峙する芸人役もモノにする

やったことのない役、意表をつくジャンルに挑戦したいと思うのは俳優の性だと思うが、亀梨もそこは同じで、変わった役にも果敢にチャレンジしている。三島由紀夫の異色のSF小説を『桐島、部活やめるってよ』(12)、『騙し絵の牙』(21)などの吉田大八監督が映画化した『美しい星』(17)で彼が演じたのは、なんと水星人!(ちなみに、父親役のリリー・フランキーが火星人、妹役の橋本愛は金星人を演じている)

さらに、芸人、松原タニシの実体験をJホラーの鬼才、中田秀夫監督が映画化した2020年のホラー映画『事故物件 恐い間取り』では、実際に9軒の事故物件に住んだタニシがモデルの芸人ヤマメになりきり、怪奇現象に脅える彼を引きつった表情やのけ反る芝居で怪演した。

宇宙人やこの世のものではないもの。それらさえも亀梨和也というスターの神秘性をより深めるシチュエーションに過ぎなかったわけだが、彼の最大の魅力はなんと言ってもクールな美しさ。無駄のないシャープな動きがカッコよく、冷たさと温かさが共存する眼差しには老若男女問わず惹き付けられてしまう魅力がある。

その証拠に、先述の『ジョーカー・ゲーム』で演じた“嘉藤”や、2016年のドラマ「怪盗 山猫」のミステリアスなタイトルロール、2018年のドラマ「FINAL CUT」の哀愁漂う美しい復讐者は特にハマっていたし、亀梨が一際イキイキとしていて輝いて見えた。

■出会うべくして出会った亀梨和也と二宮彰

ここまでの検証からも、彼が『怪物の木こり』で演じた二宮彰に行き着くのは当然の流れだったような気がしてならない。本作を観たときに、これは亀梨和也のために予め用意された役だったのではないか?と思ってしまったほどだ。なにしろ、二宮彰は優秀な弁護士の仮面を被った、冷酷非情なサイコパスで殺人さえも厭わない。そんな彼と被害者の脳を奪い去る猟奇的連続殺人犯が真っ向から対決するのだ。そこでは亀梨和也のすべてが高濃度で炸裂!切れ味抜群のピカレスク・ロマンに目が釘づけになる。

また、auスマートパスプレミアム会員なら、『怪物の木こり』の上映期間中、土日平日いつでも、何度でも1100円(高校生以下は900円)で本作を鑑賞できる。同伴者1名まで特典が利用できて、対象劇場は全国のTOHOシネマズ、ユナイテッド・シネマ/シネプレックス、コロナシネマワールドなど。上映日の2日前0時から(TOHOシネマズのシネマイレージ会員は3日前21時から)購入できる。オトクに映画館で楽しめる機会に、ぜひスクリーンで勇姿を堪能してほしい。

文/イソガイマサト