今週末の公開作品で、映画ファンから熱い視線が向けられているのはどんな映画?2023年12月1日(金)〜3日(日)に公開される新作から、MOVIE WALKER会員の「みたい」数(みたい映画としてユーザーが登録している数)を集計。267万人(※2023年11月現在)のMOVIE WALKER会員が「みたい!」と期待を寄せる5作品を、関連ニュースやムビチケ情報と合わせてご紹介します。今週のトップはリドリー・スコット監督×ホアキン・フェニックスの『ナポレオン』。

■1位はホアキン・フェニックスが歴史に名を馳せる英雄を熱演した『ナポレオン』

1位は、現在世界中でメガヒット中である、ホアキン・フェニックス主演、巨匠リドリー・スコット監督による超大作『ナポレオン』。フェニックスと、スコット監督のタッグは、フェニックスがラッセル・クロウ演じるローマの将軍マキシマスと対峙する暴君を演じた『グラディエーター』(00)以来23年ぶりとなった。妻ジョゼフィーヌ役は、『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』(23)のホワイト・ウィドウ役などのヴァネッサ・カービーが演じる。

1789年、市民たちが立ち上がったフランス革命で、王妃マリー・アントワネットは斬首刑に処され、国内の混乱が続くなか、天才的な軍事戦略で諸外国から国を守り、皇帝にまで上り詰めた英雄ナポレオン。冷酷非道かつ怪物的カリスマ性をもつ彼は、最愛の妻ジョゼフィーヌとの奇妙な愛憎関係のなかで、幾多の戦争を次々と仕掛け、勝利していく。やがてフランスを守るための戦いは、いつしか侵略、そして征服するためのものへとシフトしていった。

撮影カメラ11台、集められたエキストラ総勢8000人と、莫大な製作費をかけてヨーロッパロケを敢行した本作は、まさに大スクリーンで観るに値するスペクタクル巨編だ。

■2位は亀梨和也が狂気のサイコパスを熱演した三池崇史監督作『怪物の木こり』

2位は、「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した倉井眉介の同名サスペンス小説を、亀梨和也主演で三池崇史監督が実写映画化した『怪物の木こり』。亀梨が、目的のためなら手段を厭わないサイコパスの弁護士、二宮彰役を、吉岡里帆が二宮の婚約者である映美役を、菜々緒が事件を追うプロファイラーの戸城嵐子役を演じる。

本作は第36回東京国際映画祭での特別招待上映(ガラ・セレクション部門)や、スペインのシッチェスで開催された第56回シッチェス・カタロニア国際ファンタスティック映画祭のORBITA部門、アジアの新作のショーケースであるFocus Asia部門の2部門に出品された。MOVIE WALKER PRESSでは、東京国際映画祭やシッチェス映画祭などの密着レポ、亀梨ら豪華キャストのリレーインタビューなど、『怪物の木こり』を大特集したので、ぜひ鑑賞前にチェックして。

また、現在、『怪物の木こり』のムビチケ前売券(オンライン)・ムビチケ鑑賞券を買って応募すると、抽選で豪華賞品がプレゼントされるという購入者限定キャンペーンを実施中(※ムビチケ前売券(オンライン)の販売は11月30日まで、応募は12月3日まで)。

■3位は「青春ブタ野郎」シリーズ劇場版第3弾『青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない』

不安定な精神状態によって引き起こされる“思春期症候群”に悩む少年少女たちの物語を描く、鴨志田一による人気小説の劇場用アニメ最新作『青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない』が3位にランクイン。主人公である梓川咲太の声を担当する石川界人をはじめ、桜島麻衣役の瀬戸麻沙美や梓川花楓役の久保ユリカらが続投し、監督の増井壮一、脚本の横谷昌宏、キャラクターデザインの田村里美ら前作の制作スタッフが再集結した。

第1週目来場者特典は、原作者の鴨志田による書き下ろし小説「青春ブタ野郎はスプリングデイズの夢を見る」。さらに12月2日(土)のヒロイン、桜島麻衣の誕生日記念として、桜島麻衣直筆バースデーメッセージカードが全国の上映劇場にて12月2日(土)、3日(日)限定で配布される。

■4位はホラー映画の金字塔が新たに蘇る正当な続編『エクソシスト 信じる者』

少女に取り憑いた悪魔と、悪魔祓いに挑む神父の戦いを描いた1973年製作のホラー『エクソシスト』の正統な続編となる『エクソシスト 信じる者』が4位にランクイン。『ハロウィン THE END』(22)のデヴィッド・ゴードン・グリーンが監督と脚本を担い、『M3GAN/ミーガン』(23)のジェイソン・ブラムが製作を担当し、『エクソシスト』でクリス・マクニールを演じたエレン・バースティンが同役で出演する。また、悪魔に憑りつかれる少女、キャサリンとアンジェラの日本語吹替版声優を、佐倉綾音と鬼頭明里が務めることも話題に。

本作のムビチケ前売券(オンライン)・ムビチケ鑑賞券を買うと、特別な絵柄と鑑賞記録がセットになった、「ムビチケデジタルカード」をプレゼント(※ムビチケ前売券(オンライン)の販売は11月30日まで)。

■5位は上野樹里と林遣都初共演による異色のミステリーロマンス『隣人X -疑惑の彼女-』

5位は、第14回小説現代長編新人賞を受賞したパリュスあや子の小説「隣人X」を、7年ぶりの映画主演となる上野樹里と、上野とは初共演となる林遣都を迎えて実写映画化した『隣人X -疑惑の彼女-』。メガホンをとったのは、上野とは『虹の女神 Rainbow Song』(06)以来17年ぶり、林とは『ダイブ!!』(08)以来15年ぶりのタッグとなった熊澤尚人だ。宇宙からの難民“X”が人間にそっくりな姿で日常に紛れ込み、社会に不安や動揺が広がるなか、X疑惑をかけられた柏木良子(上野)は、週刊誌記者の笹憲太郎(林)から追跡されることに。台湾出身の実力派女優ファン・ペイチャのほか、野村周平、嶋田久作、バカリズム、川瀬陽太、原日出子、酒向芳らが脇を固める。

いまなら本作のムビチケ前売券(オンライン)・ムビチケ鑑賞券を買うと、『隣人X -疑惑の彼女-』のキャストサイン入りポスターや映画オリジナルグッズをプレゼントされるという購入者限定キャンペーンを実施中(※ムビチケ前売券(オンライン)の販売は11月30日まで、応募は12月3日まで)。

以上、みたい映画ランキング上位5作品をお届け。今週末も、スクリーンでめいっぱい映画を堪能して!

文/山崎伸子