2019年に第17回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた倉井眉介の小説を亀梨和也主演、三池崇史監督によって実写映画化した『怪物の木こり』(12月1日公開)。このたび、亀梨と染谷将太の場面写真およびコメントが解禁となった。

凶器の斧で脳を奪い去る連続猟奇殺人事件のターゲットとして狙われた、サイコパス弁護士、二宮彰(亀梨)の物語を描く本作。捜査本部で孤立しながらも事件を追う警察庁のプロファイラー、戸城嵐子役に菜々緒、二宮の本性を知らない婚約者の荷見映美役に吉岡里帆。さらに、二宮の協力者のサイコパス外科医、杉谷九朗を染谷、過去の殺人事件の容疑者、剣持武士を中村獅童、正義感が強すぎる刑事、乾登人を渋川清彦が演じる。

今回解禁となったのは作中でバディを組む二宮と杉谷を演じた亀梨と染谷の2ショット場面写真。3ピースのスーツに身を包んだ弁護士と、白衣をしっかりと着こなす脳外科医というそれぞれの表の顔を持つ二宮と杉谷は、一見スマートでスタイリッシュな印象を世間に与える。しかし彼らの隠された本性はサイコパス。そんな裏の顔を突き合わせるシーンで2人が魅せる独特のバディ感は、どこか不気味で新鮮な、目を離すことができない魅力を漂わせる。亀梨は今回、三池組常連でもある染谷との共演を「嬉しかったですし、非常に学びがたくさんありました」と振り返り、「現場にも、風の如くといいますか、ふわっと居るんですよ。そして、『切り替え!』ということが無くそのまま本番もその流れで撮影に臨まれていたんです。自然体で、流れのなかで『お芝居するぞ!』とか『魅せなきゃ!』ということもなく、表現出来る、魅了出来る。人にある種“掴ませない”、でもすごいものを残して帰られいていました」とコメント。実質2日間ほどしか染谷の撮影日数がなかったことも明かしながら「なのにとても存在感があってすごかったです。この才能はずるい」と俳優としての染谷の実力を絶賛する。

一方の染谷も、現場での亀梨の存在感を「亀梨さんはすごくリラックスして現場にいらっしゃるんですが、一方でずっと集中もしているんです。常にアイドリング状態というか、一緒に演じていてすごく心地よかったですね」と評価する。さらに亀梨の生みだした二宮の二面性について、「僕は裏の二宮しか見ていなかったので、表向きの弁護士としての表情や、外の人と接している二宮を撮影中は見たことがなかったんです。それを完成した本編で初めて見て、その見事な多面性に驚きました。『裏の二宮が怖いな』とずっと現場で思っていたんですが、あの爽やかな、人を優しく包み込むような表の顔の二宮を見た時に『うわ、すごいな』と、思わず劇場で鳥肌が立ちました」と刺激を受けたことを明かした。さらに、杉谷が働く病院の中庭でのバスケットボールのゴールを前にしたとあるシーンでは見せた亀梨の身体能力について「かっこいいなと思いました。すごいです!」と注目ポイントの一つとしてアピールした。

狂気のサイコパスと真性のサイコパスの唯一無二のバディ感を演じた亀梨と染谷。はたして彼らに訪れる驚愕の結末とは何なのか?ぜひ劇場で目撃したい。

文/サンクレイオ翼