常に出演映画が劇場でかかっていると言っても過言ではないほど、多忙を極める若手実力派俳優の広瀬すずと菅田将暉。これだけ多くの作品に出演しているにも関わらず、実はこれまでに共演はなし。本作で“声の”初共演を果たした2人にツーショットインタビューを敢行した。

8月18日(金)公開の『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』は、岩井俊二が93年に制作した名作ドラマを、『魔法少女まどか☆マギカ』などの新房昭之が総監督、『モテキ』(11)の大根仁が脚本を務め、アニメーション化した青春ラブストーリー。ヒロイン・及川なずな役を『バケモノの子』(15)以来2度目の声の映画出演となる広瀬すずが、なずなに密かな想いを寄せるクラスメイトの島田典道役をこれが声優初挑戦となる菅田将暉が演じた。

――それぞれが演じたキャラクターの魅力はどんなところでしょう?

菅田「典道はかわいいって言われたくないかわいさがあります。体も心もまだ子供かもしれないけど、正義感や譲れないものが彼なりにあって、そのときにしかできないことに必死になっているところが魅力かな」

広瀬「なずなは一言一言をためるというか、もったいぶるというか…。普通の発言でも雰囲気で重みを出すところは彼女の魅力だなって思います」

――お互いの声の印象はどうでしたか?

菅田「いたずらっぽい声色はなんの違和感もなくなずなでした。ところどころで出す落ち着いた声が際立って見事だなって」

広瀬「普段の菅田さんのトーンと違って声が跳ねていて、『あ、典道くんが隣にいるなぁ』と思いました」

菅田「声変わり前の声を出そうと若作りしてたからね(笑)」

広瀬「ふわふわふわ〜としゃべってる感じがしました。なずなは中学生だけど精神年齢が少し上なので、そのままの自分の声のままでいいかなと」

菅田「フラットであの声なら無敵でしょ!」

広瀬「フラットじゃないですよ。若作りはしなかったけど(笑)」

――声の演技は、広瀬さんが2度目、菅田さんは初めてになりますが、実際演じられていかがでしたか?

広瀬「カメラが回っているかどうかの違いで、感覚的には実写の時とあまり変わらないですね。前回(『バケモノの子』)は初めてのことだらけでまったく余裕がなかったけど、今回の収録では少し余裕が持てたかもしれません」

菅田「僕は初挑戦なだけに全てがわからないことだらけでしたが、身近にお手本がいてくれる状況はありがたかったですね。典道を演じる上で、もっとも意識したことは、跳ねる感じを出すこと。地面から5cmくらい浮いていて、アンテナが常にバリ3みたいなイメージです。朝の収録だと声もガラガラなので、アメをなめたり水を飲んだりしてこまめに喉のケアはしていましたね」

――“もしも”が作品のキーワードになっていますが、お2人が最近そういう思いを感じた出来事はありますか?

広瀬「最後のセリフを今でも撮り直したいと思っています。語尾の感じがなんか違くないかなって…。アニメーションは難しいなって感じました」

菅田「本作の演技のことで言えば、僕はもう全部やり直したい(笑)。プライベートでは、自宅でもつ鍋をやった時にこぼして買ったばかりのカーペットをダメにしてしまったことかな。もつ鍋を頼まなければよかった、つくねを入れなきゃよかったって(笑)」

――花火にまつわる思い出はありますか?

広瀬「『ちはやふる』(16)のロケの時に、共演者のみんなと花火をしました。夜にホテルの近くでやったのですが真っ暗で何も見えなくて…。朝早くに花火をしたのがいい思い出です」

菅田「まだ小さい時に、船の上から花火を見上げて、すごく怖かった記憶があります。地球が傾く感覚というか、水平がわからなくなるというか…。早く終わればいいのにってその時はずっと思っていましたね(笑)」

――ちなみにその時に下から見た花火の形は?

菅田「あんまりよく覚えてないけど、たぶん丸かったような気がします(笑)」

【取材・文/トライワークス】