2017年に「月刊アフタヌーン」で連載が開始され、「マンガ大賞2020」を受賞するなど国内外で大絶賛を獲得。コミックスの累計発行部数は700万部を突破している山口つばさの人気コミック「ブルーピリオド」が、このたび眞栄田郷敦を主演に迎えて実写映画化されることが決定。キャスト情報と特報映像、ビジュアルが一挙に解禁された。

本作は、からっぽだった高校生が一枚の絵をきっかけに美術の世界に挑み、国内最難関の美術大学を目指して奮闘していく物語。ソツなく器用に生きてきた高校生の矢口八虎は、苦手な美術の授業の課題「私の好きな風景」に困り、悩んだ末に一番好きな「明け方の青い渋谷」を描いてみた。その時、絵を通じて初めて本当の自分をさらけ出せたような気がした八虎は、美術に興味を持ちはじめ、どんどんのめりこんでいく。そして国内最難関の美術大学への受験を決意するのだが…。

「東京リベンジャーズ」シリーズや『ゴールデンカムイ』(公開中)など話題作に立て続けに出演し、今クールのフジテレビ系列月9ドラマ「366日」にも出演する眞栄田は、撮影前から半年以上かけて絵画の練習に臨み、主人公の八虎役に挑む。また八虎の同級生ユカちゃんこと鮎川龍二役に高橋文哉、八虎の最大のライバルとなる天才高校生の高橋世田介役に板垣李光人、八虎が苦難にぶち当たるたびに乗り越えるきっかけを与えてくれる美術部先輩の森まる役に桜田ひよりと、若手実力派キャストが集結。

メガホンをとるのは『東京喰種 トーキョーグール』(17)や『サヨナラまでの30分』(20)の萩原健太郎監督。また脚本は、アニメ版の「ブルーピリオド」でも脚本を担当し、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」や「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」なども手掛けてきた吉田玲子。そして音楽は『映画 えんとつ町のプペル』(20)でアニー賞音楽賞にノミネートされたYaffleが担当する。


このたび解禁された特報映像には、眞栄田演じる八虎が渋谷の街に浮かび上がる印象的なカットと、彼が一枚の絵と出会うシーン、そして東京芸術大学を目指して奮闘していく様子が映しだされている。また、あわせて解禁されたビジュアルには、八虎と龍二、世田介、森まるの4人の姿が。さらにこの情報解禁の3時間後の本日4月2日22時より、キャスト4人が登場するライブ配信が、映画『ブルーピリオド』公式Instagram、ワーナー公式TikTokとYouTubeにて配信。詳細は映画公式X、公式Instagramをチェックしてほしい。

映画『ブルーピリオド』は8月9日(金)より公開。さらなる続報に注目だ!

■<コメント>

●眞栄田郷敦(矢口八虎役)

「楽しいけどなんか浅い毎日。地に足がついてないような、自分を俯瞰で見てるような。苦しい時間は遅く感じて、楽しい時間は早く感じる。八虎と共に歩んでるような感覚になれる映画だと思います。『好きなことに人生の一番大きなウェイトを置く、これって普通のことじゃないでしょうか』という台詞の美しさ。その裏にある怖さやしんどさ、変わっていく自分や環境、それに伴う人間関係。そんなことを感じてもらいながら、いま、自分の将来のことを考えてる人も、もう考えるのを辞めてしまった人も、自分の好きなことは何なのか、自分にとっての幸せは何なのか、改めて少し考えてみるきっかけになればうれしいです。そして、いまもうすでに戦ってる人は、この映画を見て少しでも希望を持ってもらって、これからも戦い続けてもらえればと思います」

●高橋文哉(鮎川龍二役)

「『ブルーピリオド』という作品は存じ上げていましたが、作品を見たことはなく、お話をいただいて原作を読ませていただきました。作品全体にももちろんですが、鮎川龍二という人物に惹き込まれましたし、この人物を僕が演じる事が出来るのか不安を感じました。でも、同時にドキドキとワクワクが止まりませんでした。こんなにも素敵なキャラクターでこの作品の圧倒的な魅力にもなる、ユカちゃんを任せていただけることを本当に光栄に思いました。やるからには鮎川龍二の魅力を忠実にできる限り膨らませられるように全身全霊でこの役に挑みました。役作りでいうと、日本画の練習などもしましたが、身体的にも自分とユカちゃんに僕自身が境界線を感じないくらいまで追い込みました。大変なこともありましたが、本当に楽しかったです。
そんな鮎川龍二を皆さんにも是非見ていただけたらうれしく思います。僕がやれること、やるべきこと、やりたいことをユカちゃんや八虎のようにこの作品に詰め込んでおります。皆様、是非劇場へ」

●板垣李光人(高橋世田介役)

「今回このお話をいただき、趣味程度ではありますがインプットとしてもアウトプットの手段としてもアートを嗜む身としてはいっそう身に入るものがありました。また原作においても、元々アートをテーマとしたストイックな作品として存じ上げておりましたし、高橋世田介というキャラクターにも共感する部分が多かったため、とても運命を感じております。“好き”を追い求めることは決して逃げや楽なことではないのだと、その道中には何度も傷付き幾重にも重なる壁が待っているということ。そしてその先には広い海が全ての人を待っていることを教えてくれる作品になっていると思います。夢を追う人も、その傍で支えている人も、いろいろな方に観ていただきたいです」

●桜田ひより(森まる役)

「まずは、萩原監督とまた一緒に作品を作れる喜びと期待感を感じ、同時に八虎の人生を変えるきっかけを作った森まる先輩という、物語のキーとなる役を演じられるワクワクも感じました。自分はいままで絵の世界に触れる機会があまりなかったので、練習期間は毎回学ぶことだらけでした。なかなか体験できることではなかったので、本当に貴重な経験をさせていただきました。学校の穏やかさから、張り詰めた緊張感が漂う予備校まで、見どころ満載の映画になっているので、皆さん楽しみにしていてください」

●山口つばさ(原作)

「(完成した映画を観て)自分が漫画として書いていた時には見えてなかった景色や役者さんが演じるキャラクターの表情、言葉を発するまでの“間”の感覚など漫画ではできなかったことがたくさん表現され、各シーンで作り物ではないリアリティを感じられた、映画『ブルーピリオド』に率直に感銘を受けました。そしてキャストの皆さんは多くの時間をかけ絵画練習をされ、私が初めて現場でその様子を見た時には皆さんの所作が絵描きのそれになっていて、ただただ驚きました。
なかでも眞栄田さんにお会いした際には“同級生の矢口くん”に会ったような、気まずさすらも感じてしまうほどでした。企画の段階からこの作品をどう映画にするのか?ご自身のビジョンを明確に持ち、常に観客に向かって映画を届けようと考えていた萩原監督にお任せすることができて、本当に良かったです。人がなにかを始めようとするときの熱量を皆さんにも感じてもらえたらうれしいです」

●萩原健太郎(監督)

「山口つばさ先生が作り上げた『ブルーピリオド』という完成された作品を実写映画化する上で最も大切にしたこと、それは原作の中心にもある問い『芸術は才能なのか?』に映画として挑むことでした。才能がないのに好きなことに挑戦するのは無駄なことなのか?情熱が才能を凌駕する武器になり得るのか?これは八虎のように自分が進む道を模索している世代だけでなく、なにかに情熱を注ぐことに夢中で挑戦するすべての世代が楽しめる映画です。ご期待ください」

文/久保田 和馬