これまで映画やアニメ、舞台など様々なコンテンツの題材になってきた“陰陽師”。そのブームの火付け役となった夢枕獏の小説「陰陽師」の主人公で、平安時代に実在した“最強の呪術師”安倍晴明の知られざる学生時代を完全オリジナルストーリーとして描く『陰陽師0』が公開中だ。

『ゴールデンカムイ』(23)での熱演も記憶に新しい山崎賢人が主人公の安倍晴明を演じ、「アンフェア」シリーズなどで知られる佐藤嗣麻子監督がメガホンをとった本作は、日本映画を支えるプロフェッショナルたちの総力が結集して生みだされた美しく、細部まで抜かりのない平安時代の世界観が大きな見どころの一つとなっている。そこで本稿では、VFXと“呪術”にフォーカスしながら、その注目ポイントを紹介していこう。

呪いや祟りから都を守る陰陽師の学校であり省庁でもある“陰陽寮”が政治の中心だった平安時代。呪術の天才と呼ばれる若き安倍晴明は、陰陽師を目指すほかの学生たちとは真逆で、陰陽師になる意欲や興味がまったくない人嫌いの変わり者。ある日晴明は、貴族の源博雅(染谷将太)から、皇族の徽子女王(奈緒)を襲う怪奇現象の解決を頼まれ、彼と衝突しながらも共に真相を追っていくことに。

■日本屈指のVFXクリエイターたちが生みだした、“誰も見たことのない平安時代”

本作のVFXには、「白組」をはじめ日本映画界を支え続けてきた多くのVFXクリエイターたちが参加。VFXプロデューサーを務めた「白組」の井上浩正は「平安時代の再現と、龍や大樹に飲み込まれるシーンなどのエンタメとしてのVFXに力を入れました」と、本作のVFX制作の極意を語る。

「佐藤監督は打ち合わせの段階から具体的で独創的なイメージを持っていました。いままでの時代劇と一線を画すためには、その具現化が一番だと思って取り組んでいきました」と振り返ると、一番苦労したカットとして平安時代の光景を俯瞰で映す空撮カットをあげる。「何度も繰り返し修正を重ね、最後まで調整をしていきました。スタッフも粘り強く作業をしてくれて、誰も見たことのないような平安時代を作ることができたのではないかと思っています」。

一方、晴明が見る夢のなかの風景を手掛けたのは、佐藤監督が「日本で一番マット画が上手い」と太鼓判をおす「fude」の江場左知子。「監督がイメージされていたスコットランドのハイランド地方の景観を参考に、美しくも不可思議で壮大な風景を目指しました」と、佐藤監督の希望で美術部門にも取り入れられたヨーロッパのエッセンスが、このVFXでも重要な役割を果たしていたことが明らかに。

また、「サンティー」の山口任弘と三浦大河が手掛けたのは、博雅と徽子の周りに花が咲き誇る部屋のVFXカット。これは京都の瑠璃光院をイメージして作られたもので、「リアルすぎるとホラー映画のようになってしまう。そうならないようにディテールや形状を調整しています」というこだわりのポイントが。そして佐藤監督が最もこだわったという龍の描写は米岡馨率いる「StealthWorks.」が制作。

「火龍は悪意の象徴としての攻撃的な荒々しさを。水龍は守護獣としての穢れの無い水の荘厳さと圧倒的な力を表現することに尽力しました」と語られるように、プロフェッショナルたちの腕が光ったハイクオリティなVFXの数々によって、本作の世界観がより強固なものにされていった。

■加門七海が考案した6つの“呪”…いちばんカッコいい呪術シーンは?

本作において欠かすことができないのは、やはり“呪術”。史実や原作を尊重した佐藤監督から、呪の作成と作品全体の呪術監修を託されたのは、少年期から青年期にかけての安倍晴明を主人公にしたオカルトファンタジーシリーズ「晴明。」をはじめ、呪術にまつわる著書を多数執筆している人気作家の加門七海だ。

「脚本を拝読した時に、ここまで本格的にやるのか!と舌を巻きました。こちらもその熱量に見合う仕事をするべく、ある意味で立ち向かっていきました」と振り返る加門。脚本に沿って各場面に相応しい素材を用意するかたちで作品に関わることになった加門は、劇中に登場する6つの呪について、呪符や呪文、印や御札などを考案していった。「山崎賢人さんには手加減なしで教えましたが、彼は本当に努力家です。舌を噛みそうな呪文もがんばって覚えてくださりました」。

夢枕獏の「陰陽師」シリーズが刊行されたのは1988年。そこから35年の年月を経た現在も定期的に新刊が発売され、シリーズ累計発行部数は680万部を突破。2000年代前半の映画「陰陽師」シリーズで大ブームを巻き起こしたことを皮切りに、日本のみならずアジアやヨーロッパなど、世界中で大きな人気を集めてきた。さらにこうした“呪術”を題材にしたコンテンツは次々と生まれ、近年でも芥見下々の「呪術廻戦」が社会現象を巻き起こすなどその人気は高まり続けている。

なぜ人々は、古来から“呪”というものに惹きつけられるのだろうか。加門は「呪術は元々、天災や病など人の力が及ばない物事への唯一の手段であり、社会的弱者が持てる最大の武器だった」と分析する。「昔は病気や不運、不幸の原因には呪詛や祟りが疑われ、それらを取り除くために呪術が用いられました。社会が合理的になるに従ってその役割は縮小しましたが、呪術の神秘性への期待はいまだに根強く残っています」。

そして「フィクションのなかでの呪術は、派手でおもしろい素材。ですが、扱われている呪術にはそれぞれ元となる歴史的背景があります。そこに通底する我々の期待や憧れが、呪術を魅力的に思わせるのでしょう」と語る。そんな加門が本作の劇中でお気に入りの“呪術シーン”としてあげるのは、晴明が「開!」と言って空間を切り裂くシーンだという。

「本来の呪術は手続が面倒なものですが、ああやって一瞬で術の効果が出るシーンというのは、映画ならではの爽快さがあります」と惚れ惚れした様子で語る。「作品に出てくる呪符や呪文、印などすべては古今の資料にあるものです。残念ながら、平安時代の資料は少ないため、近代のものまで入れ込んでいますし、若干アレンジもしています。ですが詳しく調べていけば、誰でも原点に辿り着けると思います」。

これまで作られてきたどの映画よりも美しい平安時代の光景のなかで躍動する登場人物たちと、観る者を虜にする呪術。このうえなく魅力的な世界を驚異のスケールと共に味わえる本作は、まさにスクリーンで浴びるように体験するのにうってつけの一本だ。是非とも映画館に足を運び、クリエイター陣のこだわりを肌で感じてほしい!

文/久保田 和馬

※山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記