結婚式の直前に病に倒れ意識不明となった花嫁を8年間待ち続けた新郎。YouTubeに投稿された動画をきっかけに“奇跡の結婚式”として話題が広がり、メディアで取り上げられことで海外にまで拡散していった。2015年7月には「8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら」として書籍化もされた実話を、人間ドラマを描くことに定評のある瀬々敬久監督が映画化。

目を覚まさない恋人を献身的に支え続け、苦悩しながらも彼女を思い続ける尚志役に佐藤健、病と闘う麻衣役には土屋太鳳。いま最も注目を浴びるスリーピース・バンド、back numberが歌う主題歌とともに感動のドラマが展開する。

佐藤と土屋は『るろうに剣心 伝説の最期編』以来の約3年ぶりの共演であり、本作で初めて恋人役を演じている。先日土屋が自身のInstagramで「『るろうに剣心』で出会わせていただいてからたける先輩、とお呼びして尊敬してきたかた」と佐藤について表現し、「また御一緒する機会に辿りつけたら」と、本作の公開前に早くも再共演への願いを綴った事で話題となった。お互いを支え深く愛し合う尚志と麻衣の姿は、演じる2人の絆が反映されたかのようなリアリティを持っている。

また今回解禁された場面写真には、尚志が満面の笑みを浮かべながら携帯で自撮りをしているシーンが写し出されている。様々なシチュエーションで登場する“自撮り”は本作において重要なカギを握るのだが、その真の意味は是非劇場確かめてほしい。『8年越しの花嫁 奇跡の実話』は12月16日(土)から公開。(Movie Walker・文/編集部)