激ヤセに成功した『ウルフ・オブ・ウォールストリート』のジョナ・ヒルには、リバウンドの兆候が見られず、順調に痩せた体型を維持しているようだ。

コメディ俳優だったジョナは、ブラッド・ピット主演作『マネー・ボール』(11)で第84回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされて以来、シリアス俳優への転身を決意。

太り過ぎは身体に悪いだけではなく役どころが限られるためダイエットを決意したものの、体重は増加する一方だった。

しかしついに今年3月には「認識不能」なほどのダイエットに成功し「ブラッドリー・クーパーの弟かと思った」「セクシー!」と絶賛されていた。

その後も順調に体重を落としていたジョナだが、あまりの激ヤセぶりにリバウンドが心配されていた。この度デイリー・メール紙が、激似の妹とニューヨークでクリスマスの買い物をしている姿をパパラッチ。ジーンズにセーター、コート姿のジョナの体型や顔は少々ふっくらしたかもしれないと思う程度で、リバウンドはしていないようだ。

綿密なダイエットだったことから心配は無用だったようだが、ダイエットを失敗した読者からは「どうやったら維持できるの?」「秘密を知りたいけど、お金がかかってるんでしょうね」「どうかリバウンドしないでね」といった、心配と激励の声が寄せられている。(Movie Walker・NY在住/JUNKO)