映画『パディントン2』(18年1月19日公開)日本語吹替版の完成披露試写会が12月18日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、松坂桃李、古田新太、三戸なつめ、斎藤工が登壇。松坂から「パディントンは何のバイトをしたらいい?」との相談を受けた斎藤が珍回答を繰り出し、会場の笑いを誘った。

本作は、英作家マイケル・ボンドのロングセラー児童文学を実写映画化した「パディントン」の続編。クマのパディントンが、100歳になるルーシーおばさんの誕生日プレゼントを探す中、ある事件に巻き込まれる姿を描く。

前作に引き続き、主人公を演じる松坂は「待ってました!」とパディントンとの再会に大喜び。「『1』から約2年。きっと『2』があるだろうなって、内心ほのかな期待があった。待ってました、ありがとうございます!」と待望のオファーだったことを明かした。

斎藤は、新キャラクターで、ヒュー・グラント演じる落ち目の俳優フェニックス・ブキャナンの吹替えを担う。斎藤は「落ち目の俳優、斎藤工です」と役柄とかけて挨拶。「僕自身、『上がった』と思わなければ落ちていかないという、強いマインドを手に入れました。そもそも『上ってもいない』と戒めております」と自虐コメントを続け、会場を笑わせていた。

「めちゃくちゃ面白い」と完成作を大絶賛の斎藤。とりわけパディントンがバイトに励むシーンがお気に入りだそうで、自身がバイトさがしのCMをしていることもあり、「バイトを探すなら、僕に聞いてほしい」とアピール。

松坂が「パディントンがバイトをするなら、何がいいですかね?」と相談すると、斎藤は「体毛は活かしたい。ぬるぬるプロレスとか。野獣VS女子プロレスラーみたいな」と珍回答。これには松坂も大爆笑だった。

その松坂は、初めてやったバイトが「スーパーの青果コーナー」だったことを告白。「野菜を売っていて。料理もしたことがなくて知識もなかったんですが、お客さんに『どう調理したらいいか?』とよく聞かれる。『煮たらいいと思います』『これは煮た方がいい野菜です』と言って乗り切っていました」とひたすら“煮る”をオススメすることで切り抜けていたと語っていた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)