アンジェリーナ・ジョリーが子供たちを連れて映画鑑賞に出かけた際の、子供たちの普段着と笑顔が絶賛されている。

6人の子供たちとニューヨーク入りしたアンジェリーナは、初日には子供ともども黒づくめのファッションでディナーを楽しんだが、翌日は4人の子供たちと一緒に『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を観に映画館へ足を運んだようだ。

デイリー・メール紙などに掲載されている写真を見てみると、小雪がちらつく寒空の下、アンジェリーナはベルトにアクセントを置いた白いシンプルなラップドレスに黒いブーツ、黒いサングラスというファッショナブルな出で立ちだが、子供たちは極めてカジュアルな装い。

スカート派のおしゃれなザハラはモスグリーンのカーゴパンツに白いTシャツ、黒いスニーカーにグレーのフード付きパーカー、シャイロはザハラとお揃いのカーキ色のカーゴパンツに白いTシャツ、グレーのフード付きのパーカーという出で立ちだ。また、ノックスはシャイロと同じカーキ色のカーゴパンツに、フードのついたグレーのパーカーの上から濃い水色のダウンベストを着ている。

ファッションが批判を浴びていたヴィヴィアンは、今回は水色のスニーカーに迷彩服のカーゴパンツ、上はモスグリーン地に恐竜がプリントされたフード付きパーカー姿という何ともにぎやかなファッションだが、以前の伸び過ぎた髪の毛は綺麗にセミロングにカットされており、ネットユーザーたちの興味はそちらの方に向いた様子。

また皆がいつも以上の笑顔を浮かべていることからネットユーザーたちからは「シャイロとヴィヴィアンってパパ(ブラッド・ピット)に激似で美人!」「みんな楽しそう」「幸せそうでよかった」「ヴィヴィアンはボサボサの髪の毛をカットしてよかった」といったコメントのほか「アンジーのドレス姿最高」「セレブには珍しく、本当にノーマルで子供らしい服装をさせていて見ている方も安心する」といったように服装を絶賛する声も寄せられている。(Movie Walker・NY在住/JUNKO)