吉住渉原作の大ヒット少女コミックを桜井日奈子と吉沢亮のダブル主演で実写映画化した『ママレード・ボーイ』の公開記念舞台挨拶が4月28日に丸の内ピカデリーで開催され、桜井と吉沢をはじめ、中山美穂、谷原章介、筒井道隆、佐藤大樹、優希美青、廣木隆一監督が登壇。ステージで母からの手紙を受け取った桜井が「ああ!泣いてしまった!」と感激の涙を流した。

本作は、両親がお互いのパートナーを交換して再婚したことで、ひとつ屋根の下に暮らすことになった高校生の光希(桜井)と遊(吉沢)が、次第に惹かれ合っていく姿を描くラブストーリー。“岡山の奇跡”として脚光を浴びた桜井だが、映画の主演を務めるのは今回が初めて。伝説的コミックのヒロインに抜てきとなり、桜井は「『私でよかったんだろうか』とずっと思っていた」と大きなプレッシャーがあったことを告白した。

ステージにはサプライズとして原作者の吉住から主演の2人をイメージしたイラストとメッセージが届いたが、桜井に向けては「日奈子ちゃんの光希が大好きです」との言葉がつづられていた。桜井は「震えてます!」と大感激で、「先生に『日奈子ちゃんの光希が大好きです』というコメントをいただき、許されたような気持ちになりました。実はどこか自信のない自分がいた。本当にありがとうございます!」と笑顔を弾けさせた。

サプライズはまだ終わらず、桜井の実の母から手紙が届く一幕も。これには桜井も「ウソだ!ホントに!?」と目を丸くしてびっくり。司会が「この映画を観て、監督をはじめ作品に携わるみなさま方とのよい出逢いに恵まれたことをとてもうれしく思っています」と代読し始めると、早くも桜井の瞳は潤んでいた。なんとか涙をこらえようと口に手を当てた桜井だが、母からの「いつも心はそばに。応援しています」と温かな言葉を受け取ると、抑えきれずに大粒の涙が頬を伝った。

すっと吉沢がハンカチを差し出し、感激しきりで受け取った桜井だが「舞台挨拶で涙している方がいるのをニュースで見たりしていましたが、私だったら絶対に泣かないと思っていた。ズルイですね、これは泣いちゃいます!」と泣き笑い。「いろいろな奇跡がつながってここに立てている。これからも精進していきたい」と気を引きしめ、「この映画で作品ひとつにどれだけたくさんの人の力、思いが詰まっているのかを知った」と女優として大きな一歩となったことを明かしていた。(Movie Walker・取材・文/成田 おり枝)