週刊少年ジャンプで連載され、シリーズ累計発行部数が1200万部を突破した古味直志の同名コミックをSexy Zoneの中島健人と中条あやみのダブル主演で映画化した『ニセコイ』(12月21日公開)。今回、注目のバンド、ヤバイTシャツ屋さんが手掛けた本作の主題歌「かわE」の“ニセコイじゃないver.”のミュージックビデオが公開となったが、その中で、本作に小野寺小咲役として出演している新進女優・池間夏海が主人公を演じ、“ヤバT”のメンバーと共にフラッシュモブに挑戦していることがわかった。

ヤバイTシャツ屋さんのMVと言えば、“予算のかけ方を完全に間違えたMV”や“サビで伝わらなくなるMV”など、一風変わった仕掛けが話題となるが、今回のコンセプトは“大失敗するMV”だという。今回、MVの監督を務めたのは、岡崎体育のMVなども手掛けたヤバTのこやまたくや(gt.,vo.)が別名義で活動する”寿司くん”だ。

公開となった「かわE」“ニセコイじゃないver.”のMVでは、池間夏海が同級生の男子に呼びだされ会話をしていると、突然フラッシュモブがスタート。「好き」という文字が登場し、池間がフラッシュモブで同級生の男子から告白をされていることが判明する。必死に池間への想いを伝えようとする同級生男子だったが、その一方でフラッシュモブでの告白に困り果ててしまう池間夏海。フラッシュモブがさらなる盛り上がりを見せるなか、ヤバイTシャツ屋さんのメンバーも告白の応援に駆け付け…と冒頭からラストまで見逃せない内容になっている。

「かわE」の曲が完成時点で今回のMVの構想は出来上がっていたが、主人公を誰にするか悩んでいたヤバTのメンバーは、『ニセコイ』の試写を観て「池間さん演じる小咲ちゃんの演技がこのMVにぴったりだ!是非主人公の女の子を演じて欲しい!」と即オファー。今回の出演が実現したという。

そして、この“ニセコイじゃないver.”と同じく1発撮りでありながら、映画『ニセコイ』の世界観を完全再現した“ニセコイver.”のMVも制作され、池間も劇中で演じた小咲に扮し、彼女たちが通う高校の制服に身を包んでフラッシュモブを踊るという。

ヤバTファンも、ニセコイファンも楽しめる今回の「かわE」MVの“ニセコイじゃないver.”と“ニセコイver.”両方楽しんで公開に備えよう!

●ヤバイTシャツ屋さん

「沢山の方にご協力いただき、とってもかわE作品が出来上がりました!ヤバイTシャツ屋さん史上最大規模のMV。そして史上最大規模の失敗を是非ご覧ください。池間さんの困った顔のレパートリーとヤバTメンバーの動きのダサさにも注目してね。やったね!」

●池間夏海 コメント

「今回ミュージックビデオに出演できるというお話を聞いたとき、とても嬉しかったです。ストーリーもフラッシュモブをされて、それを断るというとても斬新なお話で、コンテを見たときにとても撮影が楽しみになりました。撮影もダンサーの方が沢山いて、とても賑やかな撮影でした。とてもハチャメチャで誰が見ても楽しめる作品になっていると思うので、沢山の方に観て頂き、いっぱい笑ってほしいです!」(Movie Walker・文/編集部)