東野圭吾のベストセラー小説をKis-My-Ft2の玉森裕太主演で映画化した『パラレルワールド・ラブストーリー』の主題歌が、宇多田ヒカルに決定。楽曲「嫉妬されるべき人生」が流れる最新予告映像と、新たなポスタービジュアルが到着した。

予告映像では、ある日突然、2つの世界に迷い込んでしまった崇史(玉森裕太)が、目が覚めるたびに変わる世界の中で真実を追い求めていく姿が描かれる。1つの世界は、愛する麻由子(吉岡里帆)と恋人同士。しかし、もう1つの世界では麻由子が親友・智彦(染谷将太)の恋人に。はたして真実の世界はどっちなのか?

主題歌は、18年の宇多田ヒカルのアルバム「初恋」に収録された「嫉妬されるべき人生」。リリース時に曲を聞いた森義隆監督が「宇多田さんの作り出すサウンドの切れ味や、得難く奥深い歌詞の世界観が、自分がラストシーンに込めた想いと驚くほどに共鳴し、『これだ!これしかない!』と鳥肌がたった」と熱望してオファーをかけたそう。「この曲が映画のエンディングを彩ることで、作品が積み重ねてきたひとつひとつの粒が一気に結晶になり、もっともっと大きく深いテーマとして胸に広がっていくはずです」と、監督は語る。

主演の玉森裕太も「完成した映画を観た帰り道に、すぐダウンロードしました。エンドロールで宇多田さんの曲が流れた途端、来た!という感じでゾクゾクしました。もともと宇多田さんの曲の世界観や歌がすごく好きだったこともあって、いまもよく聞いています」とお気に入りの様子。

あわせて到着したポスターは、「世界が変わりまくる驚愕の108分」という文字とともに、玉森裕太・吉岡里帆・染谷将太の3人の顔が寄り添った強烈なビジュアルだ。

『パラレルワールド・ラブストーリー』は、5月31日(金)より公開。映画と主題歌が織り成すエンディングへの期待が高まる。(Movie Walker・文/編集部)