ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は、9月30日に来季2020年度(2019年10月〜)以降に予定されているラインナップ・プレゼンテーションを実施した。新たに20世紀フォックスがグループの一員となったことで、ピクサー・スタジオ、マーベル、ルーカスフィルムなど、数々の名作を生み出してきた8つのスタジオが集結したディズニー・スタジオの、今後の注目作品が一挙発表された。

ディズニー・スタジオが来季のテーマとして掲げるのは、「映画を超えた特別なエンターテインメントへ」。今後予定されている映画作品で、世界同時公開を目指していくことはもちろん、その映画を中心として、商品、ゲーム、書籍、音楽など、身の回りを取り巻くすべてのタッチポイントで、同じ世界観を表現し、ディズニーならではの楽しみ方を提供する“360度のエンターテインメント体験”を強化していく方針だ。

本プレゼンテーションでは、会場限定&初公開となる数々の特別映像もお披露目された。世界中で社会現象となった『アナと雪の女王』(13)の最新作『アナと雪の女王2』(11月22日公開)の未公開映像や、マット・デイモン、クリスチャン・ベイル初共演で注目を集める、男たちの熱い友情を描いた挑戦の実話『フォードvsフェラーリ』(2020年1月10日公開)。

その他にも、トム・ホランド、クリス・プラットという「アベンジャーズ」シリーズでも人気のキャストが兄弟役として声優を務める、ピクサー最新作『2分の1の魔法』(2020年3月13日公開)、ディズニーの実写映画最新作にして、ディズニー史上最強のヒロインを描くファンタジー・アドベンチャー『ムーラン』(2020年春公開)。

『インサイド・ヘッド』(15)などで2度のアカデミー賞受賞経験を持つ、ピート・ドクター監督の最新作にして、史上最も壮大かつ深遠な意欲作『ソウル(原題)』(2020年夏公開)、ディズニーが誇る人気アトラクションの実写映画化作品『ジャングル・クルーズ』(2020年夏公開)など、どれも今後間違いなく注目を集める作品たちの映像だ。

もちろん直近公開の話題作品として『ターミネーター2』(91)の正統な続編となる『ターミネーター:ニュー・フェイト』(11月8日公開)や、スター・ウォーズの壮大な完結編『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(12月20日公開)の特別映像も大きな反響を呼んだ。

最後には、ディズニーとフォックス両スタジオの代表的な映画楽曲を、オーケストラが生演奏するというサプライズ演出で締めくくられたプレゼンテーション。まさに最強のラインナップを引っさげ新たなスタートを切ったディズニーから、2020年も目を離せない!(Movie Walker・文/編集部)