いま最も勢いのある実力派俳優の一人である中村倫也が、曜日ごとに入れ替わって暮らす7人の“僕”を演じる映画『水曜日が消えた』が2020年に公開される。気鋭の映像クリエイター吉野耕平がメガホンをとり、脚本、VFXすべてを担当する。このたび本作から、場面写真が解禁された。

中村が1人7役に挑戦する本作は、1人の人間の内側で曜日ごとに入れ替わって暮らしている7人の“僕”が主人公。ほかの“曜日”とは、直接会うことはできず日記を通してのみ間接的に互いを知っている。その中で最も地味でつまらない1人、通称“火曜日”の視点を通して描かれていく世界の物語となる。

今年は映画『アラジン』(19)で甘い歌声を披露し、TBSドラマ「凪のお暇」のゴン役でも大きな話題を呼ぶなど、快進撃を続けている中村。本作への出演にあたっては「完成した画が予想できない脚本でした。また自分が7役演じることも“やっかいだなあ〜”と」と率直なコメント。「だからこそ、あまり類を観ない邦画になる期待感を抱きました」と意気込みを語る。また、監督を務める吉野耕平は、数々の話題のCMやMVを手掛け、映画『君の名は。』ではCGクリエイターとして参加するなど、「映像作家100人 2019」にも選ばれている注目のクリエイターだ。本作が自身初、完全オリジナル脚本での長編映画デビューとなり、期待がかかる。

本作の着想の発端については、「もしも自分の中に複数の人格があって…その中でも、つまらない“脇役”だったとしたら世界はどう見えるだろうか。ふと考えたそんな小さな空想からこの物語は始まりました」と明かし、「架空の物語が、時々現実の見方を変えてくれる、そんな瞬間が好きです。この作品が、誰かにとってそんな一本になってくれれば…と、強く願っています」と観客へ向けてメッセージを贈っている。

企画に成り立ちについて、プロデューサーも「去年、監督が書いたわずか数行の本企画のメモに衝撃を受け、主演は中村倫也さん以外ではあり得ない作品だと思った」と話している通り、中村が1人7役を果たしてどう演じ分けるのか、新たな魅力に期待が膨らむ。撮影は5月の下旬から福島県いわき市で行われており、続報を待ちたい!

<キャスト・スタッフ コメント>

●中村倫也

「完成した画が予想できない脚本でした。また自分が7役演じることも『やっかいだなあ〜』と。笑 

でもだからこそ、あまり類を観ない邦画になる期待感を抱きましたし、いくらでも大ごとにできる出来事をあくまで日常として描いていくささやかさに好感を持ちました。ザラッとした、じんわりと温かい手触りを残せる作品になっていると思います。ご期待ください」

●吉野耕平(監督・脚本・VFX)

(企画の発想について)

「もしも自分の中に複数の人格があって…その中でも、つまらない“脇役”だったとしたら世界はどう見えるだろうか。ふと考えたそんな小さな空想からこの物語は始まりました。曜日ごとに入れ替わる7つの人格。そのうちの一人の目を通して世界を見たとき、何が見えるだろうか。何に出会うだろうか。そんな自分だけの小さな空想を楽しんでいるうちに、現実の世界でいくつかの出会いと出来事があり、幸運にもその小さな空想が映画として形になる機会を頂く事になりました。一人だけの自由でフワフワした空想が現実の世界で作品として形になる過程はスリリングで、その中で選んだもの、選ばなかったもの、色々なものがありました。でも、振り返れば大事なものだけはギュッと絞られ、きちんと全部残せたように思います。今はそれをきちんと磨いて届けるまでの残りの日々を、大切に楽しみたいと思っています」

(撮影を終えて観客へのメッセージ)

「目が覚めたらいつも火曜日の男。彼の目を通して世界を見たとき、見慣れたはずの日常が違って見えてくるかもしれません。そして、そこに隠れていた大事なものに気づくかもしれません。架空の物語が、時々現実の見方を変えてくれる、そんな瞬間が好きです。多くの方々の才能と力、そしていくつかの縁と偶然で生まれたこの作品が、誰かにとってそんな一本になってくれれば…と、強く願っています」(Movie Walker・文/富塚 沙羅)