第 32 回東京国際映画祭の特別招待作品であるNetflixの映画『アースクエイクバード』(11月15日より全世界同時配信)で、主演を務めたオスカー女優のアリシア・ヴィキャンデルとウォッシュ・ウェストモアランド監督が来日。10月29日に六本木アカデミーヒルズで記者会見が開催され、2人と本作に出演した小林直己が登壇した。

日本に住む外国人女性リリー(ライリー・キーオ)の死体が発見され、彼女の友人、ルーシー(アリシア・ヴィキャンデル)に殺人容疑がかけられる。2人には、共通の友人である日本人カメラマン禎司(テイジ)との交流関係があった。原作は、日本在住経験のあるイギリス人作家スザンヌ・ジョーンズによる同名ミステリー小説で、製作総指揮は「エイリアン」シリーズの巨匠リドリー・スコットが務めた。

撮影は東京と新潟県の佐渡島で行われたが、アリシアは「日本の撮影では、全員が優しくて、真面目な方々ばかりで光栄でした。3か月間、日本に住み、日本を体験できたことをうれしく思います。いま、大好きでハマっているのが、おそばです」と笑顔を見せた。

アリシアとそばを食べるシーンがあった小林は「アリシアは、箸の使い方が上手で、僕からはなにも教えることはなかったです」と語った。

EXILE、三代⽬ J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE のリーダー兼パフォーマーで、俳優としても活躍中の小林にとって、本作はハリウッドデビュー作となった。小林は「英語は母国語ではないから、トレーニングが必要だったので、準備をしっかりして臨みました。禎司役には、共感する部分も多く、日本のカルチャーや価値観についても監督といろいろと話をして、役作りをさせてもらいました。アリシアとも役者同士、信頼関係を築けたので、すごくサポートをしてもらいました」。

小林の演技について、アリシアは「小林さんがどれだけ準備をし、役を深く掘り下げていたかに感心しました。小林さんはもともとダンサーで、演技を始められ、さらに英語で演技をするという大きな役割をされました」と感心する。

さらに「彼は目でストーリーを語れる。それは俳優にとって大事なこと。現場ではお互いに助け合い、激励し合ったりしました」と絶賛した。監督も「直己さんには、激しい部分、闇の部分、複雑な部分と、いろんな要素があり、これこそが(演じた)禎司だと思いました。彼にはスターの力があります」と称えた。(Movie Walker・取材・文/山崎 伸子)