現在日本各地に30シアター以上展開するIMAXデジタルシアターのクオリティとスケールを家庭で体験できる「IMAX Enhanced」のコンテンツ配信を、日本のエンタテインメント文化をリードする株式会社TSUTAYAが行うことが決定。先日都内で、メディア向けの説明会が開催された。

より上質なホームエンタテインメントを求めるファンのために作られた「IMAX Enhanced」は、最高水準のAV製品と配信サービスを組み合わせることで、家庭にIMAX体験をもたらすプログラム。独自の最新デジタルリマスター技術によって生みだされた色鮮やかな4K HDR映像と、臨場感あふれるパワフルなDTSオーディオテクノロジーで、映画製作者が意図した通りの映像とサウンドを家庭へ提供していく。

この「IMAX Enhanced」プログラムに対応したコンテンツは、年内より株式会社TSUTAYAの動画配信サービス「TSUTAYA TV」にて配信される。IMAX独自の画角で特別に制作された40分間のシーンを含んだ『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(19)をはじめ、『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(18)など、本プログラムに参加しているソニー・ピクチャーズ エンタテインメントの話題作が続々配信される予定だ。

発表会に登壇したTSUTAYA Digital Entertainment株式会社執行役員の山内智裕は「一緒にサービスを展開できることは、私たちとしても大変誇らしいこと」と語り、「今回のお取り組みを通して、お客様により上質な家庭でのエンタテインメントをお届けできることを楽しみにしております。最高品質の映像と音響でハリウッドコンテンツを自宅で簡単に楽しんでいただけるよう、これからも努めてまいります」と、本プログラムを通じて日本のホームエンタテインメントの発展に貢献していく意気込みを見せた。

「TSUTAYA TV」で配信されるコンテンツは、国内で初めて「IMAX Enhanced」コンテンツの再生に対応したソニーの「ブラビア」で視聴することができる。11月22日(金)から24日(日)まで幕張メッセにて開催される「東京コミコン2019」では、この「IMAX Enhanced」対応コンテンツの視聴体験会が開催されるので、是非とも会場に足を運び、これまで劇場でしか経験できなかった驚異の臨場感をいち早く味わってみてはいかがだろうか。

「IMAX Enhanced」にはスタジオパートナーとしてソニー・ピクチャーズ エンタテインメントやパラマウント・ピクチャーズといった映画スタジオが参加しているほか、テレビやプロジェクター、AVレシーバー、スピーカーなどを製造し業界をリードするデバイスパートナーからも多くの賛同を得ている。IMAXやDTS、ハリウッドの専門家によって定義された最高のクオリティ基準を満たした高品質な対応製品が発表されることによって、今後さらなる発展を遂げることは間違いないだろう。日本のホームエンタテインメントに革新をもたらす「IMAX Enhanced」に大いに注目していきたい!(Movie Walker・文/久保田 和馬)