愛知県名古屋市の南大津歩行者天国を貸し切って開催された大型コスプレイベント「ホココス 〜南大津通歩行者天国COSPLAY〜」。11月10日に実施された同イベントには、映画化もされたアニメ作品のコスプレで参加するレイヤーも多く、大盛り上がりとなった。そんな「ホココス」を取材し、撮影させてもらったコスプレ美女たちを20組一挙に紹介しよう。

ほかのコスプレイベントと同じく、やはり「ホココス」でも圧倒的に扮するレイヤーが多かったのは「Fate/Grand Order」。10月よりテレビアニメがスタートし、2020年には劇場版『Fate/Grand Order -神聖円卓領域キャメロット-』も公開されることから、コスプレ界隈でも同作の人気はさらに跳ね上がりそうだ。

もちろんそのほかにも、劇場版最新作『Re:ゼロから始める異世界生活 氷結の絆』が公開中の「Re:ゼロから始める異世界生活」や、『映画 この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説』が公開中の「この素晴らしい世界に祝福を!」なども人気で、これらに登場するレムやエミリア、めぐみんといったヒロインたちも続々と集結。

9月に公開された『ヴァイオレット・エヴァーガーデン 外伝 - 永遠と自動手記人形 -』に続き、2020年4月24日(金)より『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』も公開予定の「ヴァイオレット・エヴァ―ガーデン」や、2020年に『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』が公開予定の「鬼滅の刃」といった作品も人気で、同じアニメのキャラクター同士で集まり、集合写真の撮影を楽しむグループの姿も各所で見られた。

また、ちょっと懐かしいところでは、劇場アニメ『GANTZ:O』(16)や、実写映画『GANTZ』、『GANTZ PERFECT ANSWER』(11)なども公開された「GANTZ」や、劇場版『ラブライブ!The School Idol Movie』(15)も大ヒットした「ラブライブ!」のコスプレで参加していたレイヤーもいて、それぞれが思う存分、歩行者天国での写真撮影を満喫している様子が印象的だった。

大盛況となった「ホココス」に続き、12月には年内最後の大型コスプレイベント「コミックマーケット97」(12月28日〜31日・東京ビッグサイトにて開催)が控えている。はたして「コミケ97」では、どのようなコスプレに人気が集中するのか?こちらの記事で興味を持たれた方は、会場まで足を運び、その熱気を直に体験してみてはいかがだろう。(Movie Walker・取材・文/ソムタム田井)