1998年に開催された長野オリンピックで日本中が歓喜に沸いたスキージャンプ団体の金メダル。その栄光を陰で支えたテストジャンパーたちの感動秘話を、「おっさんずラブ」や「あなたの番です」など話題作への出演が相次ぐ田中圭主演で映画化した『ヒノマルソウル〜舞台裏の英雄たち〜』の公開日が6月19日(金)に決定。このたび本作にNHK連続テレビ小説「なつぞら」で注目を集めた山田裕貴が出演することが発表された。

国民の期待を背負って長野五輪に出場した“日の丸飛行隊”。しかし団体戦の1本目のジャンプでエースの原田が失敗し日本は4位に後退。さらに猛吹雪により競技が中断したことで、金メダルの夢が断たれてしまう窮地に立たされてしまう。そんななか、審判員たちの判断は「テストジャンパー25人が全員無事に飛べたら競技再開」というものに。日本の金メダル獲得は、前回大会の代表選手だった西方仁也が率いる25人のテストジャンパーたちに託されることになる。

このたび出演が決定した山田が演じるのは、テストジャンパーのひとりである高橋竜二。北海道札幌市出身で、聴覚障害を抱えながらも98年のSTVカップ国際スキージャンプ競技大会ラージヒルで、後に長野五輪の代表選手に選ばれた岡部孝信らを破り優勝を果たした実在のスキージャンパーだ。

山田と田中は「健康で文化的な最低限度の生活」以来の共演となり、メガホンをとる飯塚健監督とは『虹色デイズ』(18)以来2度目のタッグ。昨年放送された「なつぞら」でヒロインの幼なじみ役を演じ、この1月期には民放連続ドラマ2作品で主演を務めるなど、いま最も活躍が期待されている若手俳優が本作でどのような好演を見せてくれるのか。期待は高まるばかりだ。

<キャスト・スタッフ コメント>

●山田裕貴

「小学校の頃に見た長野オリンピック、スキージャンプの映像が今でも頭の中に浮かびます。初めてのスキーに挑戦ですが、とにかく練習します(笑)。このお話は中継にも載っていない裏側のお話。"目に見えていない部分も見ようとする"これを大事にしているのですが、表舞台に立つ人の裏側にはたくさんの人が関わり、悩み、支えてくれています。チーム一丸!!生きてるすべての人が主人公であることを伝えたい」

●飯塚健監督

「聴覚に障害のあるジャンパー。もう難役であることがお分かり頂けると思います。だとしたら、と考えた時、浮かんだのがやや熱めの男、山田裕貴くんの顔でした。先日も『スキー練習、頼むね』というようなやり取りをしたのですが『御意』と返信が来たので、全幅の信頼を寄せています。2度目のセッションが楽しみです」(Movie Walker・文/久保田 和馬)