特別なホームシアター設備ではなく、一般的なスピーカーで驚くほどの本格3Dサウンドが楽しめる「KISSonix(キスソニックス) 3D SYSTEM」。その生みの親である伊藤カズユキと、大河ドラマ「真田丸」オープニングを担当した映像ディレクター/クリエイティブディレクター、佃 尚能の対談イベントが開催決定!

1月12日(木)に行われる「立体音響空間 3Dサウンドが創る 音の未来 #1 『映画の立体音響を語る×映画鑑賞会』」では、佃が監督を務めた第69回カンヌ国際映画祭参加作品『鼻歌』と、「KISSonix 3D SYSTEM」による立体音響のコラボ上映会を実施する。

佃はテレビ局でドラマ番組の演出等を手がけるかたわら、監督・脚本家としてインディペンデント映画を制作。2010年にはミュージカル映画「スキャンダル!」でヒューストン国際映画祭グランプリ受賞した。最新作『鼻歌』では数々の賞を受賞し、世界130都市の代表作品としてアトランタで上映された実績を持つ。

伊藤はアーティストへ楽曲提供するとともに自身もアーティスト活動を行いながら、立体音響の研究・開発に従事。上下左右、多方面から音に包まれる感覚になれる“3Dサウンド”を展開するエンコード・制作技術「KISSonix 3D SYSTEM」を生み出し、2016年には岩井俊二監督映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』DVD&ブルーレイの3Dサウンドトラック等を手掛けた。

映像と音響、映画には欠かせない2つの要素を、それぞれの第一線で活躍する2人が語り合うこのイベント。3Dサウンドが創り出す“音の未来”に期待しよう。【ウォーカープラス編集部/友ことみ】