22日午前8時20分ごろ、石川県かほく市鉢伏の県道59号高松・津幡線で2台の軽乗用車が衝突する事故がありました。

この事故で後ろの軽乗用車を運転していた、かほく市高松の職業不詳・馬渕富三さん(86)が胸を強く打つなどし、病院に運ばれ、約3時間半後に死亡が確認されました。

警察によりますと、前を走っていた車が右折しようとし、馬渕さんがその車を右から追い越そうとしたところ事故が起きたとみられるということです。前を走っていた車に乗っていた、かほく市の男性(53)にけがはありませんでした。

警察は男性に話を聞くなどし当時の詳しい状況を調べています。