今月16日に金沢駅から福井県の敦賀駅まで延伸開業した北陸新幹線。これまで、金沢駅や富山駅で行われていた新幹線を利用した荷物の輸送サービス「はこビュン」が、22日から敦賀駅でも始まりました。

新幹線に乗せられる荷物

22日午前9時ごろの敦賀駅。かがやき508号東京行きに乗せるため、台車で運ばれた段ボールや発泡スチロール製のトロ箱です。中を見せてもらうと、けさ福井県で水揚げされたばかりのサーモンや真鯛、カニなどの魚介類のほか、敦賀銘菓の皮ようかんなど和菓子がびっしりと入っています。これらの荷物は、敦賀駅を発車するかがやきやはくたかに乗せて運ばれます。

新幹線に乗せられる荷物

JR西日本地域共生部・内山興 課長「福井県の豊かな産品を新鮮にお届けしながら福井県の魅力を遠方でも感じていただければと思っている」

はこビュンは、速く、時間通りに荷物を運ぶことができる新幹線のメリットをいかそうとJR西日本とJR東日本が企業や団体向けに展開しています。金沢駅では、個人向けにも行うなど広がりを見せていますが、当面は敦賀駅では不定期に実施するということです。