17日水曜日にかけて、西日本から東日本では大気の状態が非常に不安定になり、落雷や竜巻などの激しい突風、ひょうや急な強い雨に注意が必要です。

16日午前6時の天気図ですが、日本の東海上には高気圧、日本海には低気圧があります。高気圧からは時計回りの風が、低気圧からは反時計回りの風が流れ込む状態で、暖かく湿った空気が本州に流れ込んでいます。北陸から関東、東北では雲の広がるところが目立つ朝でした。

16日(火)午前6時の天気図

16日正午の雨と風の予想ですが、四国では南よりの風が強く山沿いなどで雨が降る見込みです。北陸や東北の日本海側でも雨の降るところがあるでしょう。

16日(火)正午の雨と風の予想

17日にかけて西日本から東日本の上空およそ5500メートルには−15度以下の寒気が流れ込み、さらに南から暖かく湿った空気がもたらされ、大気の状態が非常に不安定になる見込みです。このため、局地的に積乱雲が発達するおそれがあります。

雨の予想がなくても、急な強い雨に見舞われるところがありそうです。

16日午後9時の雨と風の予想ですが、若狭湾では強い雨が予想されるなど北陸を中心に雨脚が強まる見込みです。能登半島地震の被災地でも雨が強まるおそれがあります。

16日(火)午後9時の雨と風の予想

西日本から東日本の広い範囲で、17日にかけては落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に注意してください。ひょうが降るおそれもあるため、農作物の管理なども注意が必要です。