22日月曜日は低気圧や前線の影響で、西日本から東日本の太平洋側では雨の降るところがある見込みです。四国では雨脚が強まりそうです。

22日午前6時の天気図です。東海道沖に低気圧があって東西に長く前線が伸びています。前線付近では暖かく湿った空気が流れ込んでいて、低気圧の中心に近い関東を中心に雲がかかっています。

22日(月)午前6時の天気図

22日の日中は関東の沿岸部で雨の降るところがある見込みです。一方で、前線は東西に長くかかっていて、四国では雨脚が強まるところもあるでしょう。

22日(月)午後6時の雨と風の予想

23日火曜日は関東の南の海上を通る低気圧は遠ざかりますが、午前9時の予想天気図を見ると九州南部では前線が盛り上がったような状態になっています。

23日(火)午前9時の予想天気図

この盛り上がりがその後低気圧になる可能性もありますが、南西諸島や九州南部では暖かく湿った空気が流れ込みやすく、雨が強まるところもありそうです。

23日(火)午前6時の雨と風の予想

一方、23日は東北北部や北海道では晴れ間が見られそうです。

西日本から東日本では、23日から24日にかけて大気の状態が非常に不安定となり、雷をともなった激しい雨の降るところがある見込みです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、落雷、突風に注意してください。