14日午後10時28分ごろ、石川県能登地方を震源とする地震があり、珠洲市で震度4を観測しました。この地震による津波の心配はありません。

気象庁によりますと、震源地は能登地方で、震源の深さはおよそ10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは4.2と推定されています。この地震による津波の心配はありません。

この地震で、震度4を珠洲市で観測したほか、震度2を輪島市と能登町、震度1を七尾市と穴水町で観測しました。

珠洲市の職員によりますと、「下から突き上げるようなドンという揺れを感じた。その後、5秒から10秒ほど横揺れが続いた」と話していました。

また、珠洲警察署の署員によりますと「3階建ての建物全体が揺れた」ということです。警察と消防によりますと、この地震によるけが人は確認されていないということです。

北陸電力によりますと、志賀原子力発電所は1号機・2号機ともに運転を停止していて、異常はないということです。

珠洲市では今年6月に震度6弱を観測するなど、おととし12月ごろから地震活動が活発な状態が続いていて、震度1以上の地震は今年に入って164回になりました。