27日正午過ぎ、石川県七尾市の集会所で火事があり、警察と消防の実況見分の結果、落雷が原因とみられることがわかりました。けが人はいませんでした。

27日午後0時20分ごろ、七尾市中島町中島の木造平屋建ての菅原集会所で、台所付近から火と煙が見えると近くに住む人から消防に通報がありました。

火は建物の外壁や天井裏などおよそ26平方メートルを焼き、およそ1時間後に消し止められました。当時、建物の中に人はおらず、けが人はいませんでした。

警察と消防による実況見分の結果、台所の天井裏にある電気配線から火が出たとみられ、落雷の可能性が高いことがわかりました。当時、七尾市内では雷を伴った雨が降っていたということです。

一方、27日午前1時ごろ、宝達志水町杉野屋で、木造2階建て住宅の屋根などが燃えた火事は、実況見分の結果、落雷が原因と判明しました。