観光地や過疎地などで深刻化するタクシー不足の解消に向け、政府が議論を進めている「ライドシェア」。馳浩石川県知事は、県内でも導入を検討していくと明らかにしました。

一般のドライバーが自家用車を使って有料で人を運ぶ「ライドシェア」を巡っては、政府が解禁に向け議論を始めていて、年内に方向性を取りまとめるとしています。馳知事は、地域の事情を踏まえた「石川版ライドシェア」の導入へ、検討を行う方針を示しました。

馳浩石川県知事
「『区域限定』とか、既存の事業者との連携とかですね。乗客の安全・安心を守るのは当然ですが、同時に『必要な足がない』という深刻な問題には答えていく必要がある」

一方で、観光客の現地での移動手段となる2次交通としての活用については、「控えるべき」との考えを示しました。