来月にかけて、都内では株主総会が集中することから、警視庁は総会屋などへの対策のため、特別警戒本部を設置しました。

 警視庁組織犯罪対策第3課に設けられたのは株主総会特別警戒本部です。都内では来月にかけておよそ1300の企業が株主総会を行う予定です。

 警視庁はこの期間、およそ3200人を動員して総会を意図的に混乱させる総会屋の動向について情報を集め、当日は会場の周りで警戒に当たります。

 特に来月28日はおよそ400社で株主総会が開かれる集中日であることから、当日はおよそ1000人態勢で総会屋の取り締まりに当たることにしています。