任期満了に伴う武蔵村山市長選挙は、立候補者が現職の藤野勝さん(71)1人で、無投票で藤野さんの3選が決まりました。

 無所属で自民党・公明党推薦の藤野さんは、武蔵村山市の職員、市議会議員を経て、2010年から市長を務め、3期目を目指していました。

 藤野さんは、都内の区市で唯一、鉄道が通っていない武蔵村山市の交通改善のため、多摩モノレールの市内延伸を市政の重点として掲げてきて、2月の所信表明でも最も重要な施策として強調していました。

 前回、4年前の選挙では、共産党推薦の新人との一騎打ちでしたが、今回は対抗馬が現れず、藤野さんが無投票で3期目の当選を決めました。