東京都の小池知事は5月14日、自民党の二階幹事長と岸田政調会長に対し、新型コロナウイルス対策に関する政府の交付金の増額を求めました。小池知事は「交付金の配分が東京都は下位にある」と実情を訴えました。

 小池知事は14日午前、自民党本部を訪れ、二階幹事長と岸田政調会長に面会しました。小池知事は、東京都は全国で最も感染者数が多いにもかかわらず新型コロナ対策に関する地方交付金の配分が少ないことを挙げ「目的と手段の整合性を取ってほしい」と話し、東京都への支援の拡大を求めたということです。