東京都の小池知事は、都内の緊急事態宣言が解除された後に事業者への休業要請を段階的に緩和する基準などをまとめた「ロードマップ」の概要を発表しました。

 休業や営業時間短縮の要請を段階的に緩和するため、3つの基準が設けられています。具体的には「新たな感染者が1日当たり20人より少ないこと」「このうち、感染経路が分からない人が半数より少ないこと」「週単位での新規感染者が前の週よりも少ないこと」と定めました。

 小池知事はこれらの対応方針をまとめた「ロードマップ」を早急に策定する方針を示し、今後も協力するよう都民に呼び掛けました。