東京都内にある美術館から魅力的な作品の数々を紹介するコーナー<美のチカラ>です。今回は港区の汐留で開かれている「クールベと海展」を紹介します。フランスの画家・クールベは山に囲まれた町で育ったため、初めて海を見たのは大人になってからで、以来たくさんの海の絵を世に送り出してきました。

 港区東新橋にあるパナソニック汐留美術館で開催されているのはフランスの画家、ギュスターヴ・クールベの展覧会です。山に囲まれた町で生まれ育ったクールベは、22歳の時に生まれて初めて海を見て非常に感動し、両親に対し「初めて海を見た。地平線のない海を。それは大変奇妙なものであった」という少し詩的な言葉を書き送ったといわれています。

 今回の展覧会のポスターにも使われている代表作が1869年に描かれた『波』です。学芸員の古賀暁子さんは「クールベは生涯で100点ほど海の風景画を描いたといわれているが、そのうち40点が波だけをクローズアップして切り取った特徴的な構図の作品だったといわれている。波が崩れる瞬間を描いたものでは、白い部分をパレットナイフでちょっと盛り上がるように描いているのが近くで見るとよく分かる」と話します。また、波の部分に深緑色や黄色っぽい色を使うなど色使いも絶妙で、クールベの観察眼がよく表れています。

 初めて海を見た感動をすぐに両親に伝えたクールベが何より大切にしていたのは「家族の絆」でした。その思いは、いつの時代でもどの国でも同じで、家族が仲良く遊ぶ日本のその海は、かつてクールベが見た海につながっています。

 19世紀フランスの巨匠画家、ギュスターヴ・クールベの魅力を堪能できる展覧会は2021年6月13日まで開催されています(日時指定予約制)。