東京・足立区にある都立高校で漏電による全館の停電が起きているため、全校の生徒が登校せず、全てリモートで授業が行われていることが分かりました。通常授業の再開は6月15日の見込みです。

 東京都によりますと足立区にある都立足立高校で6月4日午後5時ごろ、地中に埋められている電線が漏電したことにより全館で停電し、電話も使えなくなっているということです。今も校舎の明かりは消え、校舎外側の時計も止まっています。漏電した理由は不明で、今後調査する方針です。

 この事態を受け、高校では6日から全校生徒と教諭は登校せず、全ての授業がリモートで行われています。また、自宅学習に伴い、体育や部活動は当面中止となっています。リモートでの授業は停電が復旧する見込みの14日までで、15日から通常授業の再開を目指しています。