去る12月15日から17日までの3日間、東京・平和島の東京流通センター第二展示場Fホールで「文具女子博2017」が開催されました。今回はこのイベントをレポートします。

○文具女子博が誕生した経緯

このイベント最大の特徴は、エンドユーザーをメインターゲットとしていること。また主催者が、書籍流通大手の日本出版販売(日販)と文房具流通大手のMDSであることでしょう。

同じ文具のイベントと言っても、7月に開催されたISOTとは、イベントとしての性格もターゲットも大きく異なります。

イベントを企画したMDSの櫻井暁彦氏によれば、この「文具女子博」が最初に企画にのぼったのは6月のこと。そのきっかけは、日販が開催していた各種イベントでした。日販と言えば書籍の取り次ぎで有名ですが、エンドユーザーとの接触機会があり、物販も行う「ムーフェス」(学研の雑誌『ムー』の読者のための集い)や「パンのフェス」(パンが好きな人のための集い)などを開催し、集客実績がありました。そこで文具を扱うMDSが日販に声をかけてイベントの企画を決定、この度の開催となったとのことです。

ISOTの影響もありました。ISOTは、基本的にはメーカーと流通、販売店のための商談会です。過去にはエンドユーザーが入場できたこともあったそうですが、基本的にはメーカーと卸業者、店舗のための商談会という性格は変わっていません。今年こそエンドユーザーがPRレポーターとして参加したものの、ここ数年はずっとエンドユーザーの入場は(建前上は)許可されていなかったのです。また、平日開催ということもありエンドユーザーには縁遠いイベントにも関わらず、注目度は高いというギャップがありました。 

また、文具自体に女子向けのアイテムが多いことも、この「文具女子博」という企画を後押しした要素だったようです。たしかに、このところずっと人気のマスキングテープ(マステ)をはじめとして、ふせんやシール、スタンプ、それにかわいらしい各種キャラクター文具は、アイテム数で言えば実は市場を牽引していると言っていいぐらいの割合を占めていると思われます。

またキャラクターやカラーバリエーションなどの要素が機能的な文具と掛け合わせられたことで、新たな魅力が付加された文具が生まれます。このような各種要因があって文具女子博は企画され、開催に至ったとのことです。

○有料でも入場制限がかかるほどの大盛況

そして蓋を開けてみれば大盛況。出展した各社は、イベント名にあわせ、主に女子向けの人気アイテムを前面に出し、ブース自体も女子に響くようなおしゃれな風合いのロゴをあしらっていました。詳しくは写真をご覧ください。

「文具女子博」自体の入場料は500円と有料ですが、このイベントならではのお得な企画がいくつもありました。その一つは、文具メーカー各社の紙を組み合わせて作るオリジナルのノート制作体験でしょう。ページ数こそ少ないものの、各社の紙を取り混ぜてノートにできる経験は恐らく文具女子博ならではかと思われます。このほかにも体験イベントやお得な企画も多数あり、入場料は簡単に元が取れそうでした。

物販も人気でした。筆者が訪れた土曜日は2日目でしたが、前日用意されていた16台のレジはたりず、会計のために長蛇の列ができたそうです。そのため、急きょ11台のレジを増設して対応したとのこと。

来場者の数もかなりの人数になったはずです。筆者が取材を終えて帰ろうとしていた土曜日の13時の時点で、既に入場制限がありました。400人ぐらいの方が会場外で待機し、会場内の状況に応じて50〜100人単位で会場に案内されていました。 

○文具女子博の懸念点は?

この文具女子博、恐らく今後も開催されると思われます。一つ懸念をあげるとすれば、女子博と銘打たれているが故の男性来場者の少なさでしょうか。実際には男性の入場も許可されていましたが、やはり数は少なくせいぜい2割ぐらいだったかと思われます。

また、当然と言えば当然ですが、各社ともその出展内容は女子向けアイテムが中心でした。ブースに掲げられたメーカーのロゴもいつもとは違うおしゃれ仕様だったのは、イベント名のレベルでターゲットを絞っていたからかもしれません。

この点が今後どうなるか。すなわち女子博の名前のままで男性向け文具(例えば機能性の高いノートなど)も、扱うことになるのか。または、同じ開催内容のまま、男性の文具好きにもその知名度が増し実態が知られ、ハードルも下がって継続開催されるのか。

ともあれ、エンドユーザーをメインターゲットとし、その場で買うこともでき、会場限定のアイテムやお得な価格の商品もめずらしくないこの文具女子博。名前だけで食わず嫌いはもったいないイベントであることは間違いないでしょう。

○舘神龍彦
手帳評論家、ふせん大王。最新刊は『iPhone手帳術』(エイ出版社)。主な著書に『ふせんの技100』(エイ出版社)『システム手帳新入門!』(岩波書店)『意外と誰も教えてくれなかった手帳の基本』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)『手帳カスタマイズ術』(ダイヤモンド社)など。また「マツコの知らない世界」(TBS)、「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京)などテレビ出演多数。手帳の種類を問わずにユーザーが集まって活用方法をシェアするリアルイベント「手帳オフ」を2007年から開催するなど、トレンドセッターでもある。手帳活用の基本をまとめた歌「手帳音頭」を作詞作曲、YouTubeで発表するなど意外と幅広い活動をしている。

twitter :@tategamit
facebook :「手帳オフ」
Blog :「舘神Blog」