●Surface Proのウリは?
マイクロソフトの2-in-1型Windows PCであるSurfaceシリーズの最新モデル「Surface Pro」が、6月15日に日本で発売された。

政府が推進する「働き方改革」の効果も相まって、最近では空港やカフェなどでPCに向かうビジネスパーソンが増えており、Surfaceを見かける機会も多い。だが、この市場を狙って、多くのPCメーカーがライバル機種を投入している。Surfaceシリーズはどのようにして対抗していくのだろうか。

○「Pro 5」ではなかったが着実に進化

新モデルの「Surface Pro」は、名前こそ「Pro 5」ではないものの、Surface Pro 4の後継モデルだ。基本的なデザインは同シリーズを踏襲しており、スタイリッシュなWindows PCを求める声に応えている。

今回、特に好評を得ている特徴が、ビデオ再生時に最大13.5時間というバッテリー駆動時間だ。残念ながらSurface Proは、Windows PCでトレンドになっているUSB Type-Cからの充電機能は見送ったが、その代わりバッテリー駆動が大きく伸びている。外回りが多いビジネスパーソンにとって、メリットは大きい。

ペンの書き味も向上し、iPad Proのように滑らかになった。さらにアップルも実現していない操作感のインターフェイスとして、ダイヤル型の「Surface Dial」も面白い。新しい領域へ果敢に挑む、最近のマイクロソフトを象徴するデバイスといえるかもしれない。

購入にあたって気になる点があるとすれば、価格だろう。CPUにCore m3を搭載した最小構成でも、個人向けモデルは税別で10万円を超える。売れ筋のCore i5と8GBメモリーのモデルでは約15万円になる。しかもここには、必須オプションといえる約2万円のタイプカバーは含まれていない。

ただ、マイクロソフトがあえて高価格帯に製品を投入することで、他のPCメーカーと共存していることも事実だ。PC市場では複数のメーカーが「Surfaceスタイル」の2-in-1タブレットを発売している。Surface Pro含めた、多様な選択肢の中からWindows PCを選べるようにすることが、マイクロソフトの狙いだろう。

●iPad Proの追撃をかわせるか
○PCの置き換えを狙うiPad Proの追撃をかわせるか

一方で、WindowsのモバイルPCが押さえている市場を虎視眈々と狙っているのが、日本でもSurface Proに先んじて10.5インチの「iPad Pro」を発売したばかりのアップルだ。

最新モデルでは、タブレットとして使いやすい薄型軽量のサイズ感を維持しながら、定番だった9.7インチの画面を10.5インチに大型化。カバーを兼ねたキーボードに日本語版を追加したことで、日本市場での注目度も高い。

最大の特徴は、PCのように使える「マルチタスク」や「ファイル操作」機能を追加し、PCの本格的な置き換えを狙っている点だ。だが、これらの機能を使うためには今秋にリリース予定の「iOS 11」を待つ必要がある。

これに対してマイクロソフトは、6月末まで下取り価格を増額するキャンペーンを展開。その対象は古いSurfaceだけでなく、iPadも含んでいる。アップルが体勢を整えるまでの間、Surface Proはなるべく多くのWindowsユーザーをPC市場につなぎとめておくことが使命になりそうだ。