大日本印刷(DNP)とみずほ銀行は7月18日、顧客に融資をする際、捺印や契約書授受をインターネット上で完結させる「みずほ電子契約サービス」を共同開発したと発表した。同サービスにより契約書の完全ペーパーレス化が実現し、時間や場所を問わずに契約を締結することができるようになる。7月18日から4カ店で導入開始し、全店へと拡大させていく予定だ。

同サービスでは、みずほ銀行が独自で立ち上げた認証局において発行される、なりすましや情報の改ざんを防止するために有効な「電子証明書」を活用して契約締結を実施する。顧客が専用のWebサイトにログインして掲示された契約書の内容について承認作業を行うと、電子署名と改ざんされていないことを保証するタイムスタンプが契約書に自動的で付与され、本サービスのユーザー専用WEBサイト内に自動保管される仕組みだ。タイムスタンプが付与された電子契約書は、従来の紙の契約書と同等の法的根拠を持つ。

同サービスにより、契約書の完全ペーパーレス化が図れることから、顧客と銀行双方にとって紙の保管スペースと管理負担の削減が見込めるという。

みずほ銀行は、今後同サービスの全店展開と電子署名を活用した契約締結を幅広い領域で活用できるように取り組むとしており、DNPは同システムの他行への拡販を展開していくとしている。