ヤフーと共同通信の子会社であるノアドットは7月20日、ウォンテッドリーが提供している名刺管理アプリ「Wantedly People」にノアドットのプラットフォーム「nor.」が導入されたと発表した。

「nor.」は記事を作るコンテンツホルダーと記事を届けるキュレーターを効果的につなぐことで「メディアのシェアリング・エコノミー」を実現するコンテンツ流通プラットフォーム。共同通信社とその加盟紙40媒体を含む計90媒体以上がコンテンツを保管し、それらのコンテンツ流通を担っている。

「nor.」が名刺管理アプリ「Wantedly People」に導入されることにより、登録した名刺の企業や業界に関連する情報を集めて、その話題を提供することができるようになった。ビジネスにおける深い人脈構築を可能にするという。