サイバーエージェントのアドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオは7月24日、スマートフォンに特化した縦型動画アドネットワーク「LODEO(ロデオ)」において「LODEO ドメインディスカバリー」の提供を開始した。

LODEO ドメインディスカバリーは、リアルタイムにブランドリフトをドメイン別に調査し、その結果から運用ができる機能。

これまで、LODEOでは動画広告の視聴秒数とブランドリフト値の関係から広告クリエイティブの分析が可能な機能などを提供していたが、LODEO ドメインディスカバリーでは配信したウェブサイトのドメイン別にブランドリフト値の変化をリアルタイムに調査することで、配信を続けながらブランドリフト値をもとにした運用ができるという。

同機能により、配信期間内においてもブランドリフト効果の高いドメインへ配信を強化することで、同一の予算内で動画広告の効果の拡大できるほか、レポーティングは日ごとに行えるため短い期間のキャンペーンにおいても、同様にLODEO ドメインディスカバリーを活用することを可能としている。

今後も同社は、高度なアドテクノロジーを活用し、ユーザーに見られる動画広告の研究・開発を行うことで、企業のブランディング向上に貢献するサービスを拡充していく方針だ。