荏原製作所は7月24日、スマートフォンで運転状態の確認が可能な給水ポンプの販売を開始した。これは、給水ポンプのフレッシャー3100および直結給水ブースタポンプシリーズに、NFC通信(Near Field Communicationの略称で、13.55MHzの周波数を利用する近距離無線通信技術)機能を搭載し、専用アプリ「フレッシャーLINK」(現状はAndoroid端末専用、iPhone のNFC対応状況に応じiPhone向けアプリ開発を検討)をインストールしたスマートフォンで、給水ポンプの運転状態が取得できるという。

新製品は専用アプリから機器情報(機名・製造番号)、運転状況(運転/停止・圧力・周波数・電流・温度)、故障情報(故障履歴)、設定値を簡単に把握でき、点検作業の効率化が図れるという。また、キャビネットデザイン一新し、カバーの着脱を簡素化したほか、新規バルブの採用で、配管施工の自由度向向上や一部機種を小型・軽量化。さらに、給水管に負荷をかけない制御機能ウォーターハンマ抑制機能を搭載している。

今後、荏原グループはIoTなどの技術を積極的に活用するとともに、ポンプをはじめとしたさまざまな製品において、顧客の要望を実現する開発に取り組んでいく考えだ。